TOP > 試合結果 一覧

【Dynamite!!】12・31波乱続出の大晦日、桜庭が田村に判定負け!ハリ、キン肉マンも敗れる

2008/12/31(水)UP

▼第15試合 DREAM無差別級(93.1kg以上) 特別ルール 5分3R
○メルヴィン・マヌーフ(オランダ/マイクス・ジム)
KO 1R0分18秒 ※右フック
●マーク・ハント(ニュージーランド/オシアナスーパーファイタージム)

 ジェロム・レ・バンナの欠場を受けて、急遽出場が決まったマヌーフ。ミドル級のマヌーフはスーパーヘビー級のハントを相手にどんな試合を見せるのか?

 1R、ジャブを突いて前に出るハント。ハントは左右のストレートで突進していくが、マヌーフは下がりながらカウンターの左右のフック! これがハントの顔面を打ち抜き、崩れ落ちるハント!

 マヌーフはそのままハントにパンチを落とし、レフェリーが試合をストップ。体重差、そして立ち技でのキャリアをものともせず、マヌーフがスーパーヘビー級のハントをスタンドのパンチでマットに沈めた!

 マヌーフは「ココ ニ コレテ ウレシイデス!」と日本語で挨拶。「『昨日の夜、ハントと戦わないか?』と言われて、戦うことになった。俺は80kgちょっとの小さな男だけど、40kg近く重い選手をKOできた。次はホンマン、俺とやろう!………というのは冗談だよ(笑)」と笑いながら、リングを降りた。



▼第14試合 K-1無差別級
○ゲガール・ムサシ(オランダ/team Mousasi/Red Devil International)  
KO 1R2分32秒 ※3ノックダウン
●武蔵(正道会館)

 総合格闘家としてK-1ルールに挑戦した川尻、アリスターがKO勝利を収める中、DREAMミドル級王者のムサシが登場。対戦相手は同じ名前を持ち、本人としてK-1を支えてきた武蔵だ。武蔵は花道でファンと手を合わせながらリングに上がる。

 1R、サウスポーの武蔵は左ミドル、左のヒザ蹴り。しかしムサシが下がる武蔵に右ストレート! この一発で武蔵がダウンを喫してしまう。

 再開後、ムサシは武蔵のガードの上から連打。武蔵はプッシングでムサシを突き放したり、組み付いてダメージを回復させる。

 ムサシは武蔵をロープに詰めて右ストレートから左フック! 武蔵は左のヒザ蹴りを返すが、ムサシの突進は止まらない。そしてムサシは武蔵をロープに詰めて左右の連打! 右アッパーで武蔵から2度目のダウンを奪う。

 再開後、ムサシは右ストレートから左フック! ガードを固める武蔵にパンチをまとめて、最後は強烈な右フック! ムサシが武蔵から3度のダウンを奪って快勝した。

 これでDREAMファイターVSK-1ファイターのK-1ルールはDREAMファイターの3戦全勝3KOという結果に終わった。

 試合後、ムサシは「僕はDREAMミドル級のチャンピオンです。皆さん、今度はDREAMを見に来て下さい。DREAMは素晴らしい大会です。そして僕も総合格闘技が強いと思います!」と誇らしげに語った。



▼第13試合 DREAMヘビー級(93.1kg以上)
○ミルコ・クロコップ(クロアチア/チーム・クロコップ)
KO 1R6分32秒 ※左ロー
●チェ・ホンマン(韓国/フリー) 

 昨年の大晦日にはエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦したホンマンが今年はミルコと対戦。ミルコの必殺・左ハイキックは200m以上のホンマンの顔面には届くのか?

 昨日の公開記者会見ではファンから大声援を受けていたミルコ。会場でも入場曲に合わせた手拍子に迎えられてリングに上がった。ミルコはシューズを履いての試合になる。

 1R、サウスポーのミルコは距離を取りながら強烈な左ロー! ホンマンの右に回りながらカウンターのローを蹴る。そしてミルコは左ハイキック! これに会場がどよめきが起こる。左ストレートで飛び込むミルコにホンマンが左フックを返す。

 ホンマンはミルコの左ミドルをキャッチしてテイクダウンを狙うが、ミルコはすぐに立ち上がる。ホンマンの右に回り、的確に左ローを蹴るミルコ。ホンマンは足を使うミルコを追いかけてパンチを振り回す。

 そしてホンマンはミルコをコーナーに詰めると一気にミルコに組み付く。ここからテイクダウンの攻防になるが、ミルコも倒れずブレイクとなる。再開後、左のインローを蹴るミルコ。しかしほとんど手が出ない展開が続いたため、レフェリーからは両者にイエローカードが提示される。

 右手を伸ばし、足を使って距離を取るミルコ。ミルコのインローがローブローになり、ホンマンにはインターバルが与えられる。試合が再開されるとミルコが左のインロー! これがホンマンの左膝の内側を綺麗に捉えると、ホンマンがダウン! ホンマンは立ち上がることが出来ず、ミルコがローによるKOという形で勝利を収めた。

 試合後、ミルコは「試合を楽しんでもらえただろうか? 今日の大会で一番エキサイティングな試合ではなかったかもしれないが、あれだけ大きな選手には頭を使って戦うしかなかった。

 実は新年早々、膝の手術をすることになった。今年、膝の腱と半月版を損傷してしまい、手術後は半年間、試合から離れないといけない。しかし手術後、3、4カ月すれば、またリングに戻って来たいと思う。皆さん、2009年がいい年になるように願っています」と怪我があったことを打ち明け、しばらく試合から離れることをファンに告げた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧