TOP > 試合結果 一覧

【Dynamite!!】12・31波乱続出の大晦日、桜庭が田村に判定負け!ハリ、キン肉マンも敗れる

2008/12/31(水)UP

▼第12試合 K-1無差別級 ※延長3分1Rあり 
○アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー)
KO 1R2分2秒 ※左フック
●バダ・ハリ(モロッコ/ショータイム)

 K-1GP決勝ではレミー・ボンヤスキーの顔面を踏み付けるという反則を犯したハリがDynamite!!に緊急参戦。アリスターはかつてDREAMのリングで総合格闘技を侮辱したハリとの対戦ということもあり気合い十分だ。

 1R、ガードを高く上げてジャブから右ローを蹴るハリ。アリスターは突進してハリに密着する。アリスターは左アッパーから右ロー。そしてハリをコーナーに詰めると、ガードの間から左アッパーとフックの間のようなパンチでハリを吹っ飛ばす! 

 明らかにダメージが見えるハリ。アリスターはハリの左フックに左フックを合わせ、左ヒザ蹴りから左フック! これがハリの顔面を打ち抜き、ハリがダウン! まさかの展開に場内は大きく沸きあがる。

 そして再開後、左右のフックを振り回すハリにアリスターがカウンターの左フック! この一発でハリがマットに大の字! アリスターがハリをマットに沈めて豪快なKO勝ちを収めた。

 試合後、アリスターは「総合格闘技の選手、ファンのみんな! これが結果だ!」と絶叫! 喜びを爆発させた。



▼第11試合 K-1ミドル級(70.0kg以下)
○川尻達也(T-BLOOD) 
KO 1R2分47秒 ※3ノックダウン
●武田幸三(治政館)

 これまで総合格闘技のリングで活躍してきた川尻が大晦日にK-1に挑戦! 対戦相手はキック、K-1で活躍する日本人トップファイターの武田だ。

 1R、じりじりと前に出る武田に対し、川尻は左右に動いてローを蹴っていく。さらにワンツーで前に出る川尻。武田はそこにローキックを合わせようとするが、川尻は突進して、左フックからの右ストレートでダウンを奪う。

 再開後、川尻は左右の連打で怒涛のラッシュ! 武田もブロックを固めて左フックを返す。川尻は武田をロープに詰めてガードの間から右アッパー! 川尻の攻勢で場内が盛り上がる。

 川尻の右ストレートでバランスを崩す武田。川尻は離れた間合いで左アッパーから右ストレート、武田も右ストレートを返す。武田は川尻のパンチをブロックして右ロー。するとここで川尻が意表を突いた飛びヒザ蹴り! この一撃が武田のアゴを打ち抜いて、豪快なダウンを奪う! 

 武田はすぐに立ち上がり、ファンに向けて力強く拳を向ける。そして再開後、ダメージを回復させようとせず、パンチで打ち合う武田。しかし武田の右フックに川尻がカウンターの左フック! これで川尻が3度目のダウンを奪い、武田をマットに沈めた。

 大喜びの川尻はコーナーポストに駆け上がると、何とそこから落下! しかしすぐにリングに戻ると、マットを叩いて喜びを表現した。

 試合後、川尻は「武田選手はすごく怖かったですけど、皆さんの応援のおかげで向かっていけました。総合格闘家の僕の挑戦を受けてくれて、男として尊敬するし、僕のケンカを受けてくれた時点で武田選手の勝ちだと思います。

 武田選手、ありがとうございます。2009年、まずはDREAMライト級のベルトを目指して、来年は僕がDREAMを盛り上げていきます!」とDREAMでの飛躍を誓った。


▼第10試合 DREAMウェルター級(80.0kg以下)
○桜井“マッハ”速人(マッハ道場)
TKO 1R7分1秒 ※レフェリーストップ
●柴田勝頼(ARMS) 

 初のDynamite!!参戦となったマッハの対戦相手は“狂犬レスラー”と呼ばれる柴田。階級、戦ってきた舞台が違うため、大晦日らしい異次元対決となった。柴田はいつも通り花道ダッシュでリングに上がる。

 1R、柴田はいきなりマッハに飛び掛って一気にラッシュ! マッハの攻撃をお構いなしにパンチと蹴りを連打する。しかしマッハはそれを落ち着いてディフェンスすると、首相撲からのヒザ蹴り。柴田のタックルを切って、グラウンドで上を取る。

 ハーフガードで上を取ったマッハは背筋を伸ばして強烈なパウンド! 膝を抜いてマウントポジションを取ると、コーナー際で柴田の顔面にパンチを叩き込む。必死に暴れてポジションを返そうとする柴田だったが、マッハはしっかりとポジションをキープする。

 マッハはサイドポジションからヒザ蹴り。柴田は手を伸ばしてそれをブロックする。さらにマッハは柴田の腕を膝で潰して鉄槌!

 その後もマッハはマウントポジション、ニーオンザベリーとポジションを攻撃を仕掛けるが、柴田も粘り強くディフェンスする。しかしマッハのマウントパンチで柴田の動きが止まったところで、レフェリーが試合をストップ。持ち味を見せた柴田だったが、マッハが勝利を掴んだ。

 試合後、マイクを持ったマッハは「バカヤロー!」と得意のビートたけしのモノマネを披露。「柴田選手、いい選手でした。経験を積めばチャンピオンになれると思います。一緒に頑張りましょう」と対戦相手の柴田にエール、そして「僕ら選手は命がけで頑張ってます。みなさんも命がけで不況を乗り越えましょう!」とファンにメッセージを送った。


▼第9試合 DREAMヘビー級(93.1kg以上)
○セーム・シュルト(オランダ/正道会館)
一本 1R5分31秒 ※三角絞め
●マイティ・モー(アメリカ/フリー) 

 K-1ではWORLDGP3連覇を果たし、無敵の名を欲しいままにしてきたシュルト。今年のGPではピーター・アーツに敗れて、決勝大会への進出はならず。Dynamite!!にはDREAMルールでの参戦となった。

 1R、シュルトは左の前蹴り、ジャブをついて距離を取る。モーはそれに合わせて組み付き、テイクダウンを狙っていくが、シュルトはロープを背にして倒れない。しかしモーがシュルトの体をロープから引き出すようにしてテイクダウンする。

 一度はサイドポジションで押さえ込まれるシュルトだったが、足を入れてガードに戻すと下から腕十字! シュルトは長い手足を活かして、モーのパウンドをディフェンスする。さらにシュルトはオモプラッタを仕掛けるなど、果敢にガードポジションからサブミッションを狙う。

 そしてモーの腕をキャッチして三角絞め! K-1GP3連覇のシュルトがサブミッションで一本勝ちを収めた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧