TOP > 試合結果 一覧

【Dynamite!!】魔裟斗が引退試合でサワーに激勝! 石井慧は吉田秀彦に判定負け、対抗戦はDREAM勝利

2009/12/31(木)UP

▼セミファイナル(第16試合) DREAM×SRC対抗戦 Round.9 ライト級 5分3R
○青木真也(パラエストラ東京/DREAMライト級王者)
一本 1R2分17秒 ※アームロック
●廣田瑞人(フリー/SRCライト級王者)

 ここまで8試合が行われ、4勝4敗とイーブンの結果になったDREAM×SRC対抗戦。現役王者同士の対戦である青木VS廣田の大将戦で、対抗戦の雌雄が決することとなった。

 対戦カード発表会見では横田一則に「黙れよ!」と声を荒げ、対戦相手の廣田には「刺しに行けば刺しに行く」と物騒な言葉を並べていた青木。この言葉通り、試合は衝撃的な結末を迎えることになる。

 1R、サウスポーの青木は右手を軽く出して距離を取りつつ、片足タックルに入る。廣田はコーナーを背にして、それを切ろうとするが、青木は廣田の両足を束ねるようにしてテイクダウンを奪う。

 ここで青木は自分の右手で廣田の右手を背中越しにキャッチ! そのままアームロックの形で廣田の右腕を極めつつ、がら空きになった廣田の顔面にパンチを落とす。

 青木は一気に廣田の右腕を絞り上げていくが、廣田はタップしない。すると青木は廣田の体をまたぐようにして、さらにえげつない角度で廣田の右腕を絞り上げる!

  ここで廣田の右腕はありえない方向に折れ曲がり、レフェリーが試合をストップ!

 興奮した青木は廣田に中指を立て、右腕を差し出すパフォーマンス。場内が凍りつく戦慄の一本勝ちで、DREAM×SRCの王者対決・対抗戦の勝ち越しを決めた。

 試合後、青木は「(廣田の右腕は)バリバリ鳴っていたけど(廣田は)タップしなかった。それが彼の意地だったんじゃないですか。だから躊躇なく折りに行きました。

  前にも折ったことがあるんですけど、その時はアクシデントでした。でも今回は折りに行きました」とキラーコメントを連発。

 なお青木VS川尻のDREAMライト級タイトルマッチは来年3月に予定されているDREAMの大会にて行われることが濃厚だと発表された。


▼第15試合 DREAMヘビー級ワンマッチ 5分3R
○ゲガール・ムサシ(オランダ/team Mousasi/Red Devil International)
TKO 1R1分34秒 ※レフェリーストップ
●ゲーリー・グッドリッジ(トリニダード・トバゴ/フリー)

 初代DREAMミドル級王者でもあるムサシが昨年に引き続き大みそかに参戦。グッドリッジとDREAMルールで対戦した。

 1R、ジャブからインローにつなげるムサシ。ここからムサシは両足タックルでグッドリッジをテイクダウンし、一気にパウンドで攻め込む。

 グッドリッジの両足を担ぐようにしてパスガードしたムサシはグッドリッジの体を起こしてパンチを連打! グッドリッジがガード一辺倒になったところで、レフェリーが試合を止めた。


▼第14試合 DREAM×SRC対抗戦 Round.8 ヘビー級 5分3R
○アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー/初代ストライクフォース世界ヘビー級王者/DREAM)
KO 1R1分15秒 ※左ヒザ蹴り 
●藤田和之(藤田事務所/SRC)

 DREAM×SRCで実現した日本VSオランダのモンスター対決。“野獣”藤田は規格外のパワーでDREAM・K-1で暴れまわるアリスターを攻略することが出来るか?

 1R、アリスターの周りをぐるぐると回る藤田。組み付くタイミングを計るが、アリスターはジャブ、インローを蹴る。そして藤田をコーナーに追い詰めたアリスターは首相撲からヒザ蹴り! 藤田はアリスターの体を突き放して、何とかここから脱出する。

 しかしアリスターは藤田をロープ伝いに追いかけ、歩くように左のヒザ蹴り! これが藤田の即頭部をモロに捉え、藤田の体がロープの外まで吹っ飛ぶようにして、藤田がダウン! レフェリーはすぐに試合をストップし、アリスターが戦慄のKO勝利を収めた。

 試合後、藤田はエプロンサイドから立ち上がることが出来ず。担架でリングを後にすることとなった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧