TOP > 試合結果 一覧

【Dynamite!!】魔裟斗が引退試合でサワーに激勝! 石井慧は吉田秀彦に判定負け、対抗戦はDREAM勝利

2009/12/31(木)UP

▼第6試合 DREAM×SRC対抗戦 Round.1 ライトヘビー級 5分3R
○泉 浩(プレシオス/アテネ五輪 柔道銀メダリスト/SRC)
判定3-0
●柴田勝頼(Laughter7/DREAM)

 大みそかに実現したDREAM×SRC(戦極)の初戦で行われるのは“狂犬レスラー”柴田VSアテネ五輪柔道銀メダリスト泉の一戦。柴田が総合のキャリアの差を見せるか。それとも泉が総合初勝利を挙げるか。

 1R、軽くジャブを突いて距離を測る柴田。泉は右フックのフェイントを入れて前に出る。じりじりと前に出て行く柴田に泉は右フック。柴田はバックステップでそれをかわす。手数が少ない両者に対して、レフェリーは口頭注意を与える。再開後、ジャブとローを蹴る柴田。泉は右のパンチで飛び込むが、柴田はしっかりとそれをブロック。

 そして柴田が右ストレートを当てて、右アッパー! 柴田が一気にパンチをまとめて泉を後退させる。

 泉も細かくパンチを突いて前に出て行こうとするが、柴田はジャブで距離を詰めさせない。そして柴田は泉を首相撲に捉えてヒザ蹴り。

 泉が柴田をロープまで下がらせると、柴田は構えをサウスポーにスイッチ。泉は組みついてテイクダウンを狙うが、柴田は首相撲でそれを許さない。

 2R、ここもジャブと右ストレートで打撃を組み立てる柴田。泉は右のパンチを出して、右の足払いを仕掛ける。そして泉が右フックのカウンターから前進! 柴田はコーナーを背負って首相撲からヒザ蹴りを放つが、泉もクリンチしてアッパーを突き上げる。

 距離が離れるとジャブで間合いを測る柴田。泉は右フックからタックル! そのまま柴田をコーナーまで押し込んでテイクダウンを奪う。柴田がコーナーにもたれかかった状態で、マウントポジションになった泉。

 コツコツとパンチを打つが、柴田は泉の体を突き放して立ち上がる。柴田は下がりながら右ストレート! 泉もそれをブロックして、大きく踏み込んで右フック! 泉はここも右のパンチから右の足払いで柴田のバランスを崩すが、柴田もすぐに正対する。

 3R、ジャブで距離を取る柴田。泉もそこに右フックのカウンターを狙う。しかし柴田が左右のストレートで一気に前進! 泉をコーナーに詰めて右フックを当てる。泉は必死に組み付いてテイクダウンを狙うが、柴田は倒れない。柴田は構えをスイッチしながら、左右のストレート。

 泉も右フックで前進するが、柴田の顔面には届かない。しかし泉は柴田の右ローに右フックを合わせてパンチで突進し、ロープ際で左右のフック! これで柴田の動きが止まる!

 たまらずタックルに入る柴田だったが、泉はそれを切ってパウンド! マウントポジションを奪った泉は体を起こしてパンチを落とす。必死にガードを固める柴田だったが、泉は左右のフックと鉄槌を連打。この状態のまま、試合終了のゴングを聞いた。

 判定は3-0で泉! 泉がプロ初勝利を挙げると共にSRCに初勝利をもたらした。


▼第5試合 K-1甲子園62kg級FINAL決勝 K-1甲子園ルール 2分3R延長1R
○野杁正明(主催者推薦/至学館高等学校/1年)
判定3-0 ※30-27、30-28、30-28
●嶋田翔太(主催者推薦/昨年第3位/私立西武台高校/3年)
※野杁がK-1甲子園62kg級優勝

 今年のK-1甲子園決勝は、今回がK-1甲子園ラストとなる嶋田と怪物高校1年生の野杁。嶋田が有終の美を飾るか。それとも野杁が怪物ぶりを見せ付けるか? 歌手のmisonoが国歌斉唱を行い、決勝戦のゴングが鳴らされた。

 1R、ガードを上げて前に出て行く野杁。嶋田は飛び跳ねるようなステップで距離を取ってローを蹴る。野杁はそれを受けてすぐに右ロー、さらに右ストレートを当てる。右ストレートから右ローを蹴る嶋田。野杁はパンチで距離を詰めて右ロー。

 野杁はジャブを突いて前に出て行くが、そこに嶋田が右アッパー。野杁は伸びのある右ストレートで前進。しかし嶋田の右ストレートが野杁を捉える。

 2R、ジャブを伸ばす野杁に嶋田が右アッパー。野杁の蹴り足をとってこかす。野杁は右ストレートからロー。嶋田は飛びヒザ蹴り。野杁はパンチの手数を増やして前に出て行くが、嶋田はそれをバックステップでかわして左ミドルを蹴る。野杁は左フック、右ストレート。そして嶋田をロープに詰めたところで、野杁が右ストレート! 

 ここから連打をまとめると、レフェリーはダウンを宣告。嶋田もパンチを打ち返していたため、ダメージはほとんどないが、野杁がポイントをリードして最終ラウンドを迎える。

 3R、嶋田が前蹴りで距離を取り、右ストレートからパンチをまとめる。しかし野杁はそれをしっかりとブロックして右ストレートを打ち返す。ジャブから右ローの嶋田。野杁は飛び込むような右ストレート。嶋田は積極的に手数を出してハイキックまで繋げるが、野杁には当たらない。

 逆に野杁は右ストレート、さらに左フックを当てて、嶋田の鼻から出血させる。判定は文句なしの3-0で野杁。魔裟斗がリングを降りるこの日、K-1の未来を担うであろう新星が現れた!

 試合後、マイクを握った野杁は「ありがとうございました。ジムの先生、先輩たちとの練習したことが結果となって優勝できたと思います。恩返し出来たことがうれしいです」と挨拶。「これからK-1MAXで活躍していきたいんで、よろしくお願いします」と今後の飛躍を誓った。



▼第4試合 K-1ヘビー級ワンマッチ 3分3R延長1R
○レイ・セフォー(ニュージーランド/レイ・セフォー ファイト アカデミー)
判定3-0 ※3者とも30-27
●西島洋介(AK)

 8月のピーター・アーツ戦に続き、K-1ルールに挑戦する西島。西島はこの試合でもボクシングシューズを履いて試合に挑み、西島は蹴りが禁止される。小比類巻太信が熱唱するオリジナルの入場曲でリングに上がった西島はセフォーから勝利を奪えるか?

 1R、西島が軽くジャブを打つと、セフォーもすぐにジャブを返す。西島がジャブから飛び込もうとすると、セフォーはそこに右ローを蹴る。

 右ローのセフォーに対して、西島は右ストレート。セフォーもそこに右フックを返す。セフォーはそのまま西島をロープにつめると左右のフック! 

 しかし西島は上体を振って、そのパンチを空振りさせる。距離が開くとセフォーは強烈な右ロー。西島が左フックを放つが、逆にセフォーが左フックで西島をぐらつかせる。セフォーは右アッパー、右のヒザ蹴り。セフォーがジャブを突くと、そこに西島は左フックで飛び込む。ジャッジは3者とも10-9でセフォーを支持する。

 2R、右ストレートで前に出る西島。セフォーはクリンチでパンチを防いで、ブレイク後に右ロー。バックキックをボディに突き刺して、西島をロープまで詰める。

 セフォーはジャブと右ロー。ロープ際でセフォーがノーガードで西島のパンチをかわす。互いにノーガードでパンチを打ち合う。西島の右ストレート、セフォーが右アッパー。このラウンドは3者ともに10-10のイーブンになる。

 3R、セフォーが右ロー。西島が左フックで飛び込むがそこにセフォーが右フック! これで西島がダウン。再開後、ジャブを突いて右ローを蹴るセフォー。西島もジャブを受けて左フック、右ストレートを返すがクリーンヒットはない。

 ジャブ、右アッパー、右ローを出すセフォー。終盤、一気に間合いを詰めてパンチで打ち合おうとする西島だったが、セフォーは西島の体を突き放してジャブ、そして右フック。

 セフォーがダウンのポイントを守ったまま、試合終了。西島はセフォーの前に為す術なく敗れた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧