TOP > 試合結果 一覧

【アウトサイダー】KO、一本が連発!王者・吉永はZSTの刺客から辛勝

2011/02/13(日)UP

リングス
「THE OUTSIDER 第15戦」

2011年2月13日(日)東京・ディファ有明
開場14:00 開始15:00
観衆=1,956人(超満員札止め・主催者発表)

▼第15試合 体重Limit65kg
“ストリート無敗 格闘技集団clutch代表”
○情野雄也
TKO 1R1分26秒 ※レフェリーストップ
“ハマの銀”
●平山 銀

 1R、情野がダッシュで突っ込むと、平山は足関節を狙うようにスライディングする。そのまま上を取った情野はパウンド連打。スタンドに戻ると、情野が右ストレートでダウンを奪う。

  再開後、再び情野が右ストレートで追加のダウンを奪い勝利した。「山形から来ました。またこれからどんどん出るんで応援よろしくお願いします」とあいさつ。


▼第14試合 体重Limit80kg
“ザ・SHOGUN”
○バイソン守
TKO 2R2分42秒 ※前田日明代表のタオル投入
“降臨 群馬高崎の覇王”
●石野潤一

 1R、左ジャブから右ストレートのバイソンに対し、石野が胴タックルでテイクダウン。そのままコーナーに追い込むと、バイソンは立ち上がる。お互いに差し合いの攻防となりブレイク。

  バイソンは左ジャブから右ストレートをヒットさせたが、再び石野がテイクダウン。そのままパウンドを落としたところでゴング。

 2R、バイソンはシャープな打撃で追い込むも、石野が組み付いて阻止。打ち合うことなく、石野がテイクダウンにこだわると、バイソンはフロントチョーク。そして離れたところでパンチ連打。

  石野は執拗にタックルへ。スタミナ切れの見える石野の顔面にヒザ蹴りを叩き込むバイソン。防戦一方となったところで前田代表がタオルを投入し試合はストップ。バイソンが勝利した。


▼第13試合 体重Limit67kg
“陸の王者からの刺客 若き血 慶応義塾最強ボーイ”
○鯉沼衆斉
KO 1R43秒
“チーム鳳凰初代ヘッド平成の怪物”
●図司有宏

 1R、鯉沼がワンツーの連打で追い込む。図司はパンチで対抗しながらも下がる展開に。勢いで優る鯉沼がそのままストレートでダウンを奪うと勝利した。

  マイクを握った鯉沼は「本日はお日柄もよく、起こし頂きありがとうございました。僕の名前を覚えて帰ってください。鯉沼衆斉、鯉沼衆斉でございます。ご静聴ありがとうございました」とあいさつした。


▼第12試合 体重Limit63kg
“渋谷・飛車角道場アウトロースナイパー”
○長嶺勝矢
一本 1R1分43秒 ※三角絞め
“埼玉白岡町の兄貴分 一蓮托生”
●佐藤美朗

 1R、長嶺が右ストレートで飛び込むとテイクダウン。しかし、上になったのは佐藤。そのまま押さえ込んだが、今度は長嶺が上のポジションを奪い腕十字。

  そして三角絞めに移行し鮮やかに一本勝ちした。「この舞台で活躍していこうと思うので、お客さんは覚えていってください」とマイクアピールした。


▼第11試合 体重Limit73kg
○桜井
TKO 2R2分7秒 ※レフェリーストップ
“投てきインターハイ×柔道サイボーグ”
●齊藤匡彦

  1R、左ミドルを出す桜井。そしていきなりパンチの連打でダウンを奪ったが、ダウン後にも攻撃してしまい、桜井にイエローカードが提示される。桜井はヒザ蹴りで飛び込むと、飛びついてバックを奪いチョークスリーパー! 

  ガッチリ決まるも耐える齋藤。マウントを奪った桜井はパウンド連打。立ち上がる齋藤の後ろについた桜井は再びチョークスリーパー。ここでゴング。

 2R、右ミドルの齊藤。無理やり組み付いた桜井はテイクダウンすると、サイドポジションへ。マウントポジションからパウンド連打を見舞うが、齊藤は必死に立ち上がろうとする。上から押さえ込んだ桜井はパウンドの雨を降らせレフェリーストップ勝ちした。

  桜井は「アウトサイダー最高です。前回も言ったけど、同じ境遇の人みんな上がってください。特に10代の人、オススメ」と若い選手の参戦を呼びかけた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧