TOP > 試合結果 一覧

【J-GIRLS】☆MIKA☆がグレイシャア亜紀を下して涙の王座戴冠!山田真子は初防衛に成功

2011/11/27(日)UP


▲回転の速いパンチの連打を見せた山田(右)が美保に勝利

J-NETWORK
「J-GIRLS 2011 ~Born This Way FINAL~」(2P目)
2011年11月27日(日)東京・新宿FACE
開場17:00 開始17:30

▼トリプルメインイベント(第11試合)J-GIRLSアトム級タイトルマッチ 2分5R延長1R
○山田真子(錬成塾/王者)
判定2-0 ※49-49、50-48、50-48
●美保(KFG/挑戦者・同級1位)
※山田が初防衛に成功。

  両者は昨年9月に行われた次期王者挑戦者決定トーナメント決勝で対戦し、山田が判定勝利。その勢いのまま山田が当時の王者・Little Tiger(F・TEAM TIGER)を下し、第2代王者に君臨した。だが昨年の山田との対戦時に美保は足を骨折していたという情報もあり、ベルトをかけた再戦で勝利するのはどっ ちだ!?

 1R、美保は距離を取ってジャブと前蹴り。山田は前蹴りと右ローを返して、右ストレートから飛び込んでパンチの連打。左フックが美保の顔面を捉える。美保は山田が飛び込んでくるところに左フックを狙う。

 2R、美保の周りをグルグルと回って右ローを蹴る山田。左フックから距離を詰めると左右の連打! 山田がガードを固めるとバックブローを打つ。山田が細かいステップと回転の速いパンチでどんどん前に出て行く。

 3R、山田の動きを止めるように右ミドルを蹴る美保。山田はそれをキャッチして右ストレートを打つ。距離が離れると 山田が左フックから飛び込んで右ストレート。距離が詰まると美保のボディにヒザ蹴りを突き刺して左ボディにつなげる。さらに離れ際を狙って山田が左右の フックを打ち込む。

 4R、離れた間合いで右ローを蹴る山田。左フックで飛び込むと、美保のボディにヒザ蹴り! さらに山田は左ボディと左アッパーを打ち分けて、右フックで美保を下がらせて連打をまとめる。

 5R、ワンツーで前に出て行く山田。美保もタイミングよく、そこに左右のストレートを狙うが、山田は下がらない。しかし山田がJ-GIRLSでは反則となる首相撲からのヒザ蹴りを出してしまい、レフェリーからはイエローカードが提示される。

 再開後、やや手数が減った山田だったが、パンチで前に出て行く。判定はジャッジ1名がドローとしたものの、残り2名は山田を支持。山田が初防衛に成功した。

 試合後、山田は「ベルトを防衛できて本当にうれしいです。ジムが変わって、しっかり勝って『ありがとう』という気持ちを伝えたかったので、よかったです。

 今回は出稽古もさせてもらって、そこで習ったことを反復してイメージトレーニングしたのですが、それが試合で出たんだと思います。この階級は自分よりも 強い人たちがいるので、その選手たちに挑戦できるようになりたいです」と初防衛、そして今後の目標について語った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧