TOP > 試合結果

【ビッグバン】城戸がバックハンドブローで鮮烈KO勝ち!駿太、谷山もそろってKO勝ち

2011/12/11(日)UP

谷山ジム
「Bigbang~統一への道~其の七」
2011年12月11日(日)東京・ディファ有明
開場15:30 開始16:00


▲巨輝(左)が打ち合いを制して判定勝ちした

▼第11試合 63kg契約 3分3R
○巨輝(TARGET/元NKBフェザー&ライト級王者)
判定3-0 ※三者とも30-28
●マリモー(キングジム/NJKFスーパーライト級2位)

 1R、マリモーは細かいパンチの連打とロー、巨輝は左ジャブ、左フック、レバーブローと左のパンチを当てていく。下がってパンチをもらっていたマリモーだが、後半はパンチの相打ちに持ち込んで巨輝も被弾する。

 2R、両者とも打ち合いを仕掛け、マリモーの右フックを軸とするコンビネーションパンチをもらう巨輝だが、レバーブ ローを返していく。お互いにコンビネーションパンチを当て合う展開に。巨輝はバッティングによりイエローカードを提示されるが、その後はコンビネーション パンチに蹴りを混ぜて攻めていく。

 3Rも打ち合いにいく両者。巨輝はパンチ、ミドルキック、ヒザ蹴りでマリモーのボディを集中的に攻め、マリモーもよく打ち合ったが、クリーンヒットの差で巨輝が判定勝ちした。



▲渡辺(右)は鮮やかな胴廻し回転蹴りでKO勝ち

▼第10試合 63kg契約 3分3R
○渡辺理想(極真会館)
KO 1R1分39秒 ※胴廻し回転蹴り
●増倉敦士(TEAM ICE)

 1R、いきなり左ハイキックを放った渡辺は、前蹴りからの左ハイキック、左ローと攻め続ける。後ろ廻し蹴りでダウンを奪うと、一気にパンチの連打で増倉を追い込み、左ストレートで2度目のダウンを追加。

 最後は胴廻し回転蹴りを決めて、豪快なKO勝ちを飾った。敗れた増倉はこの試合で現役を引退することが発表された。


▼第9試合 70kg契約 3分3R
○渡辺雅和(チームドラゴン/元全日本ウェルター級6位)
判定2-1 ※30-29、28-29、30-28
●亮次(エイワスポーツ)

▼第8試合 59kg契約 3分3R
△テープジュン・サイチャーン(真樹ジムAICHI/UKFインターナショナル&日本フェザー級王者、MA日本フェザー級2位)
ドロー 判定1-1 ※29-28、29-30、29-29
△鷲尾亮次(レグルス池袋/J-NETWORKフェザー級10位)

▼第7試合 スーパーオヤジファイト 2分2R
○原田政仁(谷山ジム大和)
判定2-0 ※19-19、20-19、20-19
●辰尾隆一(ドラゴンテイル)

▼第6試合 54kg契約 3分3R
○飯島一成(治政館/日本バンタム級9位)
判定3-0 ※30-28、30-27、30-28
●山野寛之(チームドラゴン)

▼第5試合 67kg契約 3分3R
○山際和希(谷山ジム)
TKO 2R2分16秒
●CAZ・JANJIRA(JANJIRA GYM)

▼第4試合 スーパーバンタム級 3分3R
○渡辺優太(エイワスポーツ)
判定2-1 ※30-29、30-29、29-30
●下川雄生(ドラゴンテイル/2005年プロ修斗バンタム級新人王)

▼第3試合 67kg契約 3分3R
△允明(土浦ジム)
ドロー 判定1-1 ※29-29、29-28、28-29
△大木翔平(八景ジム)

▼第2試合 スーパーライト級 3分3R
△堤価月(JTクラブ)
ドロー 判定1-0 ※30-29、29-29、29-29
△田中正臣(谷山ジム)

▼第1試合 スーパーライト級 2分3R
○ユウキ・テイル・旬(ドラゴンテイル)
TKO 1R2分57秒 ※レフェリーストップ
●赤間和貴(B-FAMILY NEO)

▼オープニングファイト 35kg級 2分2R
○鈴木笑ノ輔(真樹ジムAICHI/AJKFジュニア32kg級3位)
TKO 2R32秒
●辰尾春樹(ドラゴンテイル/元NJKFジュニア35kg級1位)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果