TOP > 試合結果 一覧

【アウトサイダー】無敗の新王者が誕生!ソルジャーボーイ一樹が70-75kgタイトルを獲得

2012/02/12(日)UP

第2代THE OUTSIDER 70-75kg級王者に輝いたソルジャーボーイ一樹(右から3番目)を祝福する前田日明代表(左から3番目)とラウンドエンジェル

リングス
「THE OUTSIDER 第20戦」

2012年2月12日(日)東京・ディファ有明
開場14:00 開始15:00

ソルジャーボーイ一樹(右)が堀からダウンを奪い、堀は目を負傷した

▼メインイベント(第26試合) THE OUTSIDER 70-75kg級タイトルマッチ 3分2R延長1R
“神速”
○ソルジャーボーイ一樹
TKO 2R29秒 ※ドクターストップ
“法曹界の最強戦士人権派 柔術弁護士”
●堀 鉄平
※一樹が第2代王者に輝く

 伊澤寿人が返上したベルトをかけて、リングスのプロ契約選手でもある堀とアウトサイダー4戦4勝の一樹が対戦。両者ともにアウトサイダーで高い勝率を誇っているだけにハイレベルな試合が期待される。

  1R、サウスポーの堀がジャブを出しながら距離を測る。堀が組み付こうとするところに一樹が右ストレート、堀のタックルを切る。

  一樹はパンチのプレッシャーをかけながら右アッパー! 堀はタックルで組み付くが、一樹は倒れない。距離が離れると、一樹が右ストレートを2発! 堀はタックルからグラウンドに引きこむが、堀はそれに付き合わない。

 2R、左ストレートから前に出る堀だったが、そこに一樹が右ストレート、左フック! これで堀がダウン! 

  何とか立ち上がった堀だったが右目を負傷し、ドクターが試合をストップ。一樹が新王座に就いた。

 試合後、一樹は「応援ありがとうございました。何を喋った らいいか決めてなくて、どうせ喋ってもすべり散らすんで……一つ思ったことを言います。(長い沈黙の後)うれしいです。堀さんという強い選手とやれて…… ありがとうございました!」と勝利の喜びを語った。


吉永啓之輔(左)の左フックがクリーンヒット! そのままKO勝ちとなった。

▼セミファイナル(第25試合) スペシャルワンマッチ 体重Limit72kg
“キング・オブ・アウトサイダー格闘彫師”
○吉永啓之輔(THE OUTSIDER65-70kg級初代王者)
KO 1R29秒 ※左フック
“天才不良品”
●三枝美洋

 スペシャルワンマッチとして65-70kg王者・吉永と三枝が激突。1R、左右のローを蹴る三枝に対し、吉永は首相撲からヒザ蹴り。三枝が吉永をコーナーまで押し込むが、ローブローがあり、試合が一時中断となる。

  再開後、三枝が蹴りから打撃を組み立てようとするが、そこに吉永が左フック! この一発で三枝がバッタリと倒れ、吉永が豪快なKO勝利を収めた。試合後、 吉永は「アイ・アム・チャンピオン、負けらんねえだろ? 今年もアウトサイダー盛り上げて下さい。アウトサイダー最高!」と喜びを爆発させた。


首相撲からのヒザ蹴りでKO勝ちした萩原裕介(左)

▼第24試合 THE OUTSIDER 65-70kg級 ランキング戦
“群馬のリアルアウトロー”
○萩原裕介(同級3位)
KO 2R1分30秒 ※ヒザ蹴り
“鹿島灘のエンドレス・マシンガン”
●茂木優樹
※萩原がランキング3位を保持

  ランキング3位の萩原に茂木が挑む一戦。1R、萩原が距離をとりながら右ローを当てて、右フックからパンチをまとめる。しかし茂木も左フックを返して突 進。お互いにパンチから組み合う展開が続くが、茂木がテイクダウンに成功する。残り1分、萩原がガードポジションから腕十字、三角絞め。茂木はそれを外し てパンチを落とす。

  2R、左右のパンチから左ミドルにつなげる萩原。茂木がそれをキャッチすると、萩原は茂木のバックに回り込む。しかし両者の身体が出てしまってブレイク。 再開後、萩原は左右のパンチをまとめて首相撲からヒザ蹴り! これが茂木の顔面を捉えて、レフェリーがダウンを宣告! ダメージの大きな茂木を見て、レ フェリーが試合を止めた。この勝利で萩原はランキング3位の座を守った。


野口悠介(左)がスリーパーでピロシを追い込む

▼第23試合 THE OUTSIDER 60-65kg級 ランキング戦
“サンジャポ専属総合格闘作家ザ・タイタン”
○野口悠介
判定3-0
“富山の極悪ちびまる子”
●ピロシ(同級2位)
※野口がランキング2位に

 ランキング2位のピロシに野口が挑む形となった一戦。1R、サウスポーのピロシが野口の蹴り足をキャッチして、野口をロープまで押し込んでテイクダウンする。野口は身体を起こしてピロシのバックに回り込むが、両者の動きが止まりブレイクとなる。

  再開後、ピロシが野口の右ミドルをキャッチしてテイクダウン。ハーフガードからパンチを落とす。

 2R、右のパンチで前に出ていく野口。ピロシは組み付いて野口をコーナーまで押し込む。ブレイク後、ピロシはすぐに野口をコーナーに詰めるが、野口は倒れない。足を使って距離をとる野口を追いかけるピロシ。

  しかしそこに野口のパンチが当たり、ピロシがダウンを奪われる。残り10秒、ピロシが野口をテイクダウンするが、有効な攻撃がないまま試合終了。判定は3-0で野口が勝利! 

  これで野口はピロシに代わり、ランキング2位になった。試合後、野口は「いやぁ、めっちゃ疲れました。勝ったのは勝ったけど強さではピロシ選手の方が強い と感じました。本当は今日勝ったらベルトに挑戦したいと言おうと思ったけど、この内容では挑戦できません。出直してくるのでよろしくお願いします」と反省 の弁を述べた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧