TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】K-1王者・大和哲也が復活のKO勝利!TOMONORI、健太が敗れる

2012/02/18(土)UP

ニュージャパンキックボクシング連盟
「KICK TO THE FUTURE 1」
2012年2月18日(土)東京・後楽園ホール
開場16:45 開始17:00

▼第7試合 61.5kg契約 3分3R
△宮越慶二郎(拳粋会/NJKFライト級王者)
判定1-0 ※30-30、30-39、29-29
△町田 光(橋本道場/MA日本スーパーフェザー級王者)

 NJKF王者の宮越とMA王者の町田による王者対決。1R、宮越が距離を取りながら左ミドルと右ロー。町田もミドルとローを蹴り返して、右ストレートから前に出て行く。

 2R、お互いにパンチとローを打ち合う展開が続く。サウスポーの宮越は左ストレートと左ミドル、構えを戻すとジャブから左ヒジで飛び込む。

 町田も左フックを当ててパンチで前に出て、下がる宮越に右ミドルを連打する。3R、パンチで前に出て行く町田に宮越 がヒジ。町田はこれで眉間をカットするも、左フックから右ストレート、右ヒジ。組み付くと強引に宮越を押し倒す。その後も2人はお互い下がらずに真っ向勝 負の打ち合いを続ける。試合はドローとなったが、王者対決らしい激しい試合となった。


▼第6試合 NJKFスーパーライト級初代王座決定戦 3分5R
○高橋誠治(東京町田金子/WBCムエタイ日本同級王者)
判定3-0 ※49-47、49-47、50-47
●一輝(OGUNI/元NJKFライト級王者)
※高橋が初代王座に就く。

  新設されたスーパーライト級王座をかけて高橋と一輝が対戦。1R、テコンドー出身の高橋はサイドキックや前蹴りで一輝を突き放し、左右のハイキック、鋭い 前蹴りをボディに突き刺す。2R、一輝は右フックを振って前に出て行くが、高橋が組み付いてヒザ蹴り。距離が離れると、高橋は右前蹴り、ハイキック、サイ ドキックで一輝を突き飛ばす。

 3R、高橋は距離を取りながら前蹴り、一輝がパンチで前に出てくると首相撲に捕まえる。4R、必死に右フックで前に 出る一輝だが、高橋の首相撲に捕まって攻撃が続かない。5Rに右フックと右ロー、ボディフックで攻勢に出た一輝。しかし高橋は首相撲からのヒザ蹴りとヒジ 打ちで一輝に有効打を許さず。高橋が判定勝利し、新王者となった。


▼第5試合 NJKFスーパーバンタム級初代王座決定戦 3分5R
○新人(あらと/E.S.G/同級2位)
判定2-1 ※49-48、48-49、49-48
●裕センチャイジム(センチャイムエタイ/同級1位)
※新人が初代王座に就く。

  初代スーパーバンタム級王座決定トーナメントの決勝戦は裕と新人の3度目の対戦となった。ここまで1勝1敗とイーブンの両者、決着戦を制して王者となるの はどっちだ? 1R、リーチの長い新人は右ミドルから右ストレート。裕は左フックと右ロー、組んでヒザ蹴りにつなげる。2R、距離を取りながら左ミドルを 蹴って、新人を首相撲に捕まえる裕。新人は裕の左ミドルを受けて右ストレートから左フックを返す。

 3Rもパンチで前に出ようとする新人に対して裕が左ミドルと首相撲。4Rも同じような展開が続くが、新人が右スト レートを当てて左フック、右アッパーを当てる。5R、距離が詰まるとヒジ打ちを狙う両者。裕は左ミドルと首相撲、新人は左右のヒジ打ちと右ストレートで前 に出る。試合は判定決着となり2-1で新人が勝利! 接戦を制した新人が王者となった。


▼第4試合 スーパーフェザー級 アグレッシブマッチ 3分3R延長1R
○大和大地(大和ジム/同級4位)
TKO 1R2分56秒 ※ドクターストップ
●岩井伸洋(OGUNI/同級3位)

▼第3試合 68kg契約 3分3R ※ヒジなしルール
△白神武央(拳之会)
判定0-1 ※29-29、29-30、29-29
△テヨン(キングジム)

▼第2試合 スーパーフライ級 3分3R ※ヒジなしルール
○ニモ(キングジム)※井上敬之から改名
判定3-0 ※30-29、30-29、30-28
●鰤鰤左衛門(ぶりぶりざえもん/キックボクシングスクールCORE)

▼第1試合 スーパーフェザー級 3分3R ※ヒジなしルール
○琢磨(東京町田金子)
判定3-0 ※三者とも30-26
●番長 翔(OGUNI)※高野翔から改名

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧