TOP > 試合結果 一覧

【RISE】小宮山の前蹴り光るもゲーオがダウンを奪い勝利

2014/07/12(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲ガチンコエキシビションマッチを繰り広げた左右田泰臣(左)と裕樹(右)

▼SuperExhibitionMatch! 2分2R ※10オンスグローブでスネあてなどの防具は一切なし
-左右田泰臣(シルバーウルフ/第2代RISEスーパーライト級王者)
勝敗なし
-裕樹(ANCHOR GYM/初代RISEスーパーフェザー級&ライト級王者)

  •  対戦相手の欠場でスーパーライト級王者・左右田は、2階級制覇の裕樹とエキシビションマッチを行った。エキシビションとはいえ、防具は付けずに両者ともガチンコで行くと宣言。

 1Rは裕樹が左右ローキックの連打とパンチの連打で左右田にほとんど手を出させなかったが、2Rになると左右田が左フックとヒザ蹴りで逆襲。裕樹をパンチでロープ際に追い詰める場面も。

 試合さながらのエキシビションを終えた左右田は、「試合がなくなってしまったのに、僕を応援に来てくれた皆さん、ありがとうございました」と号泣。裕樹は「スーパーライト級王座を狙って、それで最後にしようと思っています」と三階級制覇を目指すことをアピールした。


 

▲宮越宗一郎(右)を僅差の判定で下した廣野祐(左)

▼第5試合 ミドル級(-70kg) 3分3R
○廣野 祐(NPO JEFA/元J-NETWORKスーパーウェルター級&ミドル級王者)
判定2-0 ※30-29、29-29、30-29
●宮越宗一郎(拳粋会/第2代WBCムエタイ日本スーパーウェルター級王者、初代WBCムエタイ日本ウェルター級王者)

 宮越は約7年ぶり、廣野は約6年ぶりのRISE参戦。両者は過去2度対戦し、1勝1敗のイーブンで今回が決着戦となった。

 1Rはパワフルなパンチと前蹴りで攻めた宮越だったが、2Rに廣野の左ストレートをもらってグラつくと前に出られなくなってしまう。3Rも廣野が左ストレートをヒットさせ、判定勝ちした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧