TOP > 試合結果

【DEEP】元谷が一本勝ちでタイトル奪回、次は世界

2014/08/23(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


▲小見川がマウントポジションからアームバーを極めた

▼第9試合 DEEPフェザー級 5分3R
○小見川道大(吉田道場/戦極フェザー級グランプリ準優勝、S-cup2013 65kg日本トーナメント準優勝)
一本 1R1分02秒 ※アームバー
●ピーター・シペタ(アメリカ/TEAM ZENG ZUNG)

 小見川は約7年半ぶりのDEEP出場。この1年間はシュートボクシングに参戦して打撃を磨き、MMA(総合格闘技)の試合は1年2カ月ぶりとなる。

 1R、シベタのタックルを潰した小見川が巴投げで上のポジションを奪い、マウントポジションから相手の腕関節を極めて一本勝ちを奪った。


▲今成(左)が速攻で得意の足関節技を極めて一本勝ち

▼第8試合 DEEPバンタム級 5分3R
○今成正和(Team-ROKEN)
一本 1R22秒 ※アンクルホールド
●パク・チャンジョン(韓国/CMA KOREA/WILDGYM)

 フライ級からバンタム級に階級を戻した今成が、キックボクシングとサンボをベースに持つ韓国人ファイターを迎え撃った。

 1R開始と同時に相手の足元へ滑り込んだ今成が足首を極め、秒殺で一本勝ちした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果