TOP > 試合結果

【DEEP】中西が引退試合の中村カズに引導を渡す

2014/12/21(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲中西が上から重いヒジ打ちを叩き込み、中村の顔が腫れあがった

DEEP事務局
「DEEP 70 IMPACT ~中村和裕引退興行~」
2014年12月21日(日)東京・ディファ有明

▼第15試合 メインイベント DEEPミドル級タイトルマッチ 5分3R
○中西良行(TRIBE TOKYO M.M.A/初代DEEPライトヘビー級王者/挑戦者)
判定5-0
●中村和裕(チームカズ/DEEPミドル級王者)
※中西が第7代王座に就く、中村は初防衛に失敗

 王者・中村はPRIDE時代から活躍し、今回の試合で約11年間の現役生活にピリオドを打つ。挑戦者の中西は現DEEPライトヘビー級王者でもあり、DEEP史上初の2階級同時制覇を狙って中村の前に立ちはだかった。

 1R、中西が右のパンチとローで前に出るところ、中村は右ストレートを顔面とボディへ突き刺す。ラスト10秒で中西がテイクダウンし、上からヒジを落とした。

 2R、打撃にタックルを織り交ぜる中西が優勢に試合を進める。中村もパンチで応戦するが、中西の手数が多い。そして残り1分で中西がテイクダウンし、上から重いヒジを連打。中村は右頬を切って流血し、顔面は腫れあがる。

 3Rも中西ペースは変わらず。打撃にタックルを織り交ぜて揺さぶっていき、中村がパンチで前に出ると2発目を出す前に中西がタックルに入る。残り時間2分でまたもテイクダウンを奪った中西は上からヒジ、パンチ。そのままの状態で中村は試合終了を迎え、中西が判定勝ちで中村に引導を渡すとともに王座を奪取した。

 中西はマイクを持つと、「史上初の2階級同時制覇、中西です。もっとガンガン攻めていこうと思いましたが、中村選手の圧力が強くていけませんでした。これからもっと強い選手と戦っていくのでもっと自分からガンガンいけるように頑張ります」とさらなる飛躍を誓った。

 試合後には中村の引退式が行われ、家族をリングに上げて今まで支えてくれたお礼を述べ、10カウントゴングを聞いた。中村は「負けた悔しさとやりきった感が交互にある。でも思い残すことはないです」とコメント。4月からは大学の助教としてスポーツマネジメント科を担当する第二の人生を送るという。

 


 

▲雄太(右)が先輩・白井(左)をTKOで破り、防衛に成功

▼第14試合 DEEPウェルター級タイトルマッチ 5分3R
○悠太(ALLIANCE/DEEPウェルター級王者)
TKO 1R2分34秒 ※レフェリーストップ
●白井祐矢(TRIBE TOKYO M.M.A/挑戦者)
※悠太が初防衛に成功。

 王者・悠太は4月大会でプロキャリア10年目にして初のタイトルマッチで王座を獲得。早くも初防衛戦を迎えた。

 白井はDEEPウェルター級王者として2度の防衛に成功したが、2013年4月の3度目の防衛戦で敗れており、今回は王座奪回を目指しての挑戦。両者は2年前まで一緒に練習していた先輩・後輩の仲でもある。

 1R、白井が右ロー、右フックを上手く当てて左へ回り込む。悠太は前に出るがあまり手が出ず、左ジャブを単発で出すのみ。

 それでも圧力をかけて前に出るのは悠太の方。ジャブに白井がバックステップで下がったところへ、悠太が右アッパーを炸裂させ、白井はうずくまるように倒れる。すかさずバックから追撃を加える悠太。動かなくなった白井を見てレフェリーがストップし、悠太がTKO勝ちで初防衛を果たした。

 悠太は男泣きし、「自分がこうやってベルトを巻かせてもらって格闘技を続けていけるのは仲間がいるからです。白井さんはプロになる前から練習させてもらっていた先輩で仲間です。今日も怖くて仕方がなかったし、今日も勉強させてもらえました。白井さんは大好きな尊敬する先輩です。ありがとうございました」と涙ながらに語った。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果