TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】悠矢が町田との打ち合いを制す

2015/02/15(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲3R、HIROYUKI(左)がこの右ストレートでダウンを奪った

▼第7試合 NJKF×新日本キック交流戦 52.5kg契約 3分3R
○HIROYUKI(藤本ジム/新日本キックボクシング協会日本フライ級王者)
判定3-0 ※29-27、30-28、30-27
●ニモ(キングジム/NJKFフライ級王者)
※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら 

 これまで他団体とほとんど交流を持たなかった新日本キックが、今年に入ってNJKFと本格開戦。1月11日の新日本キック後楽園ホール大会では、新日本の志朗がNJKFの国崇を破り、先勝している。第2戦は両団体のフライ級王者が激突した。

 1R、両者ともミドルとローでペースを取り合う。積極的に仕掛けるのはHIROYUKIの方で、鋭い踏み込みからのパンチ連打、軸足蹴り、左ミドルを的確にヒットさせる。フライ級らしい非常にスピードがあり、キレのある技が交錯した。

 2R、ニモが左ボディブローを2度クリーンヒット。HIROYUKIが入ってくるところへヒジを合わせ、自分からもヒジで飛び込む。ニモがペースを握りかけていたが、後半はHIROYUKIがスピードのあるワンツー、左フックをヒットさせて逆襲。

 3R、HIROYUKIがタイミングよくワンツーを何度もヒットさせ、右の打ち下ろすようなストレートでダウンを奪う。ニモはヒジで反撃するが、HIROYUKIが的確にワンツーをヒットさせ、飛びヒザ蹴りやハイキックも繰り出す。

 スピード感のある好勝負の決着は判定にもつれ込み、HIROYUKIが勝利。対抗戦は新日本キックの2連勝となった。

 HIROYUKIは「終盤にニモ選手のパワーに圧倒されて下がる場面もありましたが、ダウンが取れてよかったです。この階級では僕が最強だと思うので誰でもかかってきてください」と、笑顔で最強宣言。
※この試合の速報動画(ノーカット)はこちら  


▲前田(左)はダウンを奪われるも、得意の左の攻撃を駆使して逆転勝利

▼第6試合 NJKFバンタム級タイトルマッチ 3分5R
○前田浩喜(CORE/元NJKFバンタム級王者/挑戦者)
判定3-0 ※48-47、48-47、48-46
●白井周作(Bombofreely/NJKFバンタム級王者)
※前田が新王座に就く。

 王者・白井が計量で体重オーバーし、規定の2時間内に契約体重をクリアできず、王座は剥奪。挑戦者の前田が勝った場合のみ王者となり、白井が勝った場合王座は連盟預かりとなる変則タイトルマッチで行われた。白井は減点1からのスタート。

 1R、両者ともフットワークを使って回り込み、きびきびとした動きから攻める。サウスポーの前田が得意の左ミドルでリードしていたが、白井がタイミングのいい右ストレートでダウンを奪った。

 2R、パンチで猛突進する白井に前田は左ミドルでペースを取り戻す。白井は前田の蹴り終わりをパンチで狙うが、前田の左ローが効き始める。

 3Rが始まると同時に激しい蹴り合い。前田が左ミドルで主導権を握り、白井はパンチとローを放つが、前田が回り込みながらの左ミドルを当てていく。

 4R、前田のペースで進んでいたが白井の右ストレートがヒットして前田が下がる。一気に白井がラッシュをかけて追い込んだが、今度は逆に前田が左のパンチを当ててラッシュで逆襲。左ハイ、左ミドル、パンチの猛攻。

 5R、白井は右ストレートの一発に懸けて前へ出る。前田はそれを左ミドル、左ハイで迎え撃つ。突進し続ける白井だがクリーンヒットは奪えず、前田に左ミドルで腕を蹴られる。

 判定は3-0で前田が逆転勝利。約5年ぶりに王座へ返り咲いた。前田は「前にずっと巻いていたベルトなので取り戻せてよかったです。ベルトを巻いていない間に勝てない時期があって苦しかったんですが、それでも応援してくれる人たちがいました。感謝します」と、前田は笑顔で勝利者インタビューに答えた。

  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧