TOP > 試合結果 一覧

【新日本キック】江幡、3度目のラジャ王座挑戦も失敗

2015/03/15(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲喜多村(左)はディフェンシブなペットーン(右)を攻めあぐねてしまった

▼第10試合 ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級ランキングマッチ 3分5R
○喜多村 誠(伊原道場新潟支部/日本ミドル級王者)
判定3-0 ※50-46、50-46、49-47
●ペットーン・キャリーボーイ(タイ)

 ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級ランキングマッチとして行われた一戦。

 1R、喜多村は左右ローを次々と当てていき、ロープを背負ったペットーンに左フックをヒット。ペットーンはロープを背負ったままで、喜多村は攻めあぐねる。

 2R、ペットーンは喜多村のパンチ、ハイをかわしてはパンチ、ミドルを一発入れていく。喜多村は左フックを2度クリーンヒットさせるが、ディフェンシブなペットーンにやはり攻めあぐねている印象。

 3R、喜多村がロー、右ストレートで攻めるが、ペットーンはのらりくらりと喜多村の攻撃をかわしていく。

 単発でミドルを蹴り、喜多村が入ってくるとヒジを振るうペットーン。

 4R、ロープを背負って喜多村の攻撃をかわし続けるペットーン。喜多村も詰めることが出来ず、変わらない試合展開が続く。

 5R、ローはヒットするがパンチは空振りが目立つ喜多村。ワンツーをヒットさせるも、勝負を懸けた連打は空を切り、ペットーンも攻めず時間切れ。喜多村が判定勝ちで連勝を「8」に伸ばし、ラジャのランキングに入れるチャンスを得た。


 

▲重森(左)は得意の蹴りで一階級上の王者・内田(右)を破った

▼第9試合 59.00kg契約 3分3R
○重森陽太(伊原道場稲城支部/元日本バンタム級王者)
判定3-0 ※30-29、29-28、29-28
●内田雅之(藤本ジム/日本フェザー級王者)

 これまで4度の防衛に成功している日本フェザー級王者・内田と、元・日本バンタム級王者の重森が対戦。

 1R、内田は右フックを巧みに当て、前蹴りとミドルで牽制。重森は前に出てローを蹴っていく。

 2R、内田が左へ回り込み、重森はそれを追っていく。重森の蹴りに対して内田は前蹴りと右フック。重森は鋭いハイ、ミドルを蹴っていく。

 3R、パンチから蹴りにつなぎ、内田の打ち終わりにハイキックを狙う重森。内田は何度も右フックをヒットさせるが、重森が蹴りで内田を追う形となり、重森が判定で現フェザー級王者を破る金星を獲得した。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧