TOP > 試合結果

【BOM】竹内がTKO勝ちで王座に返り咲き

2015/04/29(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。


▲ジョッキーレック(左)はパンチの優希(右)に左ミドル

▼第12試合 WPMFスーパーフライ級 3分5R
○ジョッキーレック(タイ/GTジム/元イサーン地方スーパーフライ級王者)
TKO 3R 55秒 ※ドクターストップ
●優希(Desperado/J-NETWORKスーパーフライ級王者、WPMF日本同級王者)

 昨年12月、2冠王となった優希が元イサーン地方スーパーフライ級王者ジョッキーレックとの対戦を迎えた。

 1、2Rともにジョッキーレックが左右ミドルをクリーンヒットさせた以外は大きな動きはなく、3Rにはジョッキーレックが頭部にヒザを炸裂させ優希を流血に追い込む。ドクターチェックでストップがかかり、ジョッキーレックがTKO勝ち。 


 

▲立澤(左)は執拗な首相撲で久世(右)の体力を削っていった

▼第11試合 WPMF日本フェザー級王座決定戦 3分5R
○立澤敦史(チャモアペットムエタイアカデミー/2011年Next Hero’s Cupフェザー級優勝)
判定2-0 ※48-48、48-47、48-47
●久世秀樹(レンジャージム/WINDY SUPER FIGHTフェザー級王者)
※立澤が新王座に就く。

 両者は昨年4月に対戦し、ダウンを奪った久世が判定勝ちを収めている。タイトルマッチでの再戦となった。

 1R、久世がタイミングのいい前蹴りを放つ。組んでくる立澤に右アッパー、右フック。

 2R、立澤はしつこく首相撲に持ち込んでのヒザ蹴り。久世もヒザ蹴りで応戦する。

 3Rは久世がパンチで攻勢に出るも、立澤は首相撲に持ち込む。両者ヒジを繰り出す。

 4Rも立澤が首相撲に持ち込んでのヒジとヒザ。久世は組み際に左右フックを入れる。久世は立澤の執拗な首相撲に体力を奪われたか、後退する。

 5Rは立澤が組んでくるところに久世が右ストレート、前蹴りを当て、首相撲になると立澤をロープに押し込んでヒザを蹴る。しかし、後半になると失速し、立澤の首相撲からのヒザに捕まった。

 徹底した首相撲で立澤が判定勝ち。王座に就いた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果