TOP > 試合結果

【BOM】竹内がTKO勝ちで王座に返り咲き

2015/04/29(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲アウトサイダーで名を馳せた黒石(右)がキックに参戦。勝利をあげた

▼第10試合 WPMF日本ライト級 3分3R ※ヒジ打ちなし
○黒石高大(CRAZY ARMAMENT)
判定3-0 ※30-29、30-28、30-28
●浅利一徹(BLUE DOG GYM)

 黒石は前田日明がプロデュースする『アウトサイダー』で一躍有名になり、現在は俳優としても活躍中。BOMのリングでキックルールに挑戦する。相手はパンチを得意とする浅利。

 1R、浅利の右ローに対して黒石はパンチを連打。しつこく右ローを蹴る浅利は左フックを狙い撃ちにしてヒットを奪う。黒石も左右フックからの右ローで応戦する。

 2R、浅利は右ローと左フックの狙い撃ち。黒石はパンチをもらっても下がらず、左右の連打を繰り出して前に出る。飛びヒザ蹴りも放つ黒石。

 3R、黒石がワンツーからの飛びヒザ蹴りをヒットさせ、パンチのラッシュを仕掛ける。しかし、これでスタミナが切れたか動きが止まった黒石に浅利がパンチで逆襲。最後は黒石が打ち合いに持ち込み、黒石の判定勝ちとなった。


▲ツヨシ(右)がタイのサクシー(左)にTKO勝ち

▼第9試合 WPMFライト級 3分3R
○ツヨシ(M16ムエタイスタイル/WPMF日本ライト級1位)
TKO 2R 1分15秒 ※ドクターストップ
●サクシー・ルークカムイ(尚武会)

 1Rからヒジを繰り出すツヨシが、サクシーの眉間を切り裂いて流血させることに成功。2Rにはツヨシが右ローでダメージを与える。サクシーの流血がひどくなり、試合はストップとなった。

 すると覇家斗がリングに上がり、「早くタイトルに挑戦したいので挑戦者決定戦をやりませんか?」とマイクアピール。ツヨシも「自分も覇家斗選手とやりたかったのでやりましょう」と対戦を受諾。次回、挑戦者決定戦としての対戦が決まった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果