TOP > 試合結果

【シュートボクシング】MIOが涙のトーナメント初制覇

2015/08/21(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

▲紅絹(右)が右のパンチを何度もヒットさせて判定勝ち

▼第3試合 Girls S-cup 48kg日本トーナメント1回戦 第3試合
○紅絹(NEXT LEVEL渋谷/J-GIRLSミニフライ級王者) 
判定3-0 ※30-29、30-28、30-29
●MARI(NJKF・ナックルズGYM/J-GIRLSミニフライ級7位)
※紅絹が準決勝へ進出。

 紅絹はSBのリングでMIOにプロ初黒星を付けた、パンチが得意なJ-GIRLS王者。対するMARIもSBでの試合経験があり、同じくパンチを得意とする。キックボクサー対決となった。 

 1R、よく動く紅絹が右フックを何度も当てる。MARIは右ミドルを放つが、紅絹は左ミドルを返す。

 2R、紅絹の左ミドルをもらって、すぐに右ミドルを返すMARI。紅絹はパンチを連打して前に出るとMARIは組み付く。

 3R、MARIが入ってくるところへ紅絹が左フックを合わせる。さらに左ミドル。MARIは投げを狙うが紅絹は腰を落としてディフェンス。前蹴りを連打するMARIだが紅絹の手数を止めることは出来ず、判定3-0で紅絹が準決勝へ進出した。


▲Vが低空バックドロップでシュートポイントを奪った

▼第2試合 Girls S-cup 48kg日本トーナメント1回戦 第2試合
○V.V Mei(シーザー力道場/第3代DEEP JEWELSフェザー級王者) 
判定3-0 ※30-28、30-27、30-28
●未知(志真会館/SB日本女子ミニマム級4位)
※Vが準決勝へ進出。

 SBとMMA(総合格闘技)二足のわらじを履くVは、SBランカーの未知と1回戦。投げ技を駆使してSBでもトップ選手のVに、女子高生時代からSBに出続けてトータルバランスに優れている未知が挑んだ。 

 1R、打撃で前に出る未知だが、Vが組み付く。

 未知は投げを防ごうとしてしゃがむが、Vが低空のバックドロップを見事に決めてシュートポイントを奪う。その後も投げを狙うVに未知は防戦一方に。

 2R、パンチからタックルにいき、投げを狙うV。それを懸命に防ぐ未知。前に出るVが優勢か。

 3R、未知が前蹴りと右ミドル、Vはパンチを放つ。未知がヒザ蹴りを入れ、Vはパンチから組み付いての投げを狙うが同体で倒れる。打撃で逆転を狙った未知だったが、判定3-0でVが準決勝へ駒を進めた。


 

▲MIOが首投げでシュートポイントを奪った


▼第1試合 Girls S-cup 48kg日本トーナメント1回戦 第1試合
○MIO(及川道場/JKS48トーナメント2012・2013王者)
判定3-0 ※30-28、30-27、30-28
●松下えみ(T-KIX GYM/J-GIRLSピン級1位)
※MIOが準決勝へ進出。

 優勝候補と言われながら昨年準優勝に終わったMIOは、1回戦でJ-GIRLSトップランカーの松下と対戦。16歳でプロデビューし、今年20歳になったMIOはSBの同階級エース。対する松下は“戦う女社長”の異名を持ち、J-GIRLSトップ選手の一人だ。 

 1R、松下は右へ回り込みながらローを蹴る。MIOは打ち合いから首投げにいき、松下の足がロープに引っかかったため決まらなかったがシュートポイントが入った。

 2R、打ち合いに来た松下にMIOのワンツーが連続して決まる。松下は右ミドルを蹴るがMIOのパンチに押されて距離を取る。

 3R、MIOの右ミドルに尻餅をつく松下。首相撲になるとMIOがヒザ蹴りを連打する。松下はパンチの連打で勝負を懸けるが、MIOの首相撲に捕まってヒザをもらう。

 MIOが判定3-0で1回戦を突破した。

※ワンマッチの写真と試合レポートはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果