TOP > 試合結果 一覧

【ムエタイオープン】藤原あらしがヒジ打ちでダウン奪い初代王者に

2016/07/17(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

期待の女子・小林(右)とホンカーオ(左)の一戦はドローに終わった

▼第10試合 50kg契約 3分3R ※ヒジ有り
△ホンカーオ・モーラチャパットチョンブン(タイ)
ドロー 判定0-0 ※三者ともに29-29
△小林愛三(NEXTLEVEL渋谷ジム)

 1R、ゴングと同時に小林が右ローとパンチを放ちながら詰め寄る。ホンカーオは左ミドルを叩き込むと、すぐさま右の前蹴りで小林を突き放す。

 ホンカーオは左ミドル、小林は左右のローでの蹴り合いとなる。

 2R、再び前に出る小林だが、ホンカーオの伸びのある左ストレートが顔面にヒット。さらに左ミドルから矢継ぎ早に繰り出す左ストレートを立て続けに被弾する。ダメージには至らないが、有効打数はホンカーオの印象。

 3R、首相撲の攻防からホンカーオをコーナーに追い詰めた小林は、左の縦ヒジを連発。さらに左右のパンチを浴びせる。次々と被弾したホンカーオは手数が減り、後ろに下がる。小林は左右のローから時折ハイで強襲し、このラウンドで巻き返した。

 お互いがアグレッシブに攻め合った一戦の結果はドロー。両者、痛み分けとなった。


身長で15cm上回る笠原(右)がリーチを活かして攻めた

▼第8試合 61kg契約 3分3R ※ヒジ有り
○笠原淳矢(フォルティス渋谷ジム)
判定3-0 ※30-28、30-29、29-28
●スアノーイ・トーヌームエタイシンジム(タイ) 

 身長160cmのスアノーイに対し、笠原は175cmと大きく上回る。
 
 1R、笠原がリーチを活かし、距離をとっての左右ロー。対するスアノーイは笠原の蹴りの打ち終わりを狙って、飛び込むようにパンチを返す。

  2R以降、パンチで飛び込んでくるスアノーイに対し、笠原はタイミング良くヒジとヒザを返し、試合の主導権を握る。スアノーイの大振りのフックも、何度か笠原の顔面をとらえるが、ダメージには到らない。逆に飛び込んできたところを捕まえ、首相撲からヒザを連打。笠原が攻勢をかけた。

  ジャッジ3名が笠原を支持。試合後にトロフィーを手渡されると、感極まって勝利の男泣きを見せた。


 

▼第7試合 62.5kg契約 3分3R ※ヒジ有り
○村中克至(ブリザードジム)
判定3-0 ※30-29 30-29 30-28
●ライヤマン(ナックルズGYM)

▼第6試合 フェザー級 3分3R ※ヒジ有り LPNJランキング戦
△翔貴(岡山ジム)
ドロー 判定0-0 ※三者ともに29-29
△大山拓也(インスパイヤードモーション) 

▼第5試合 ウェルター級 3分3R ※ヒジ有り
○重宗(TSKJapan)
判定3-0 ※三者ともに30-29
●田邊裕哉(京都亀岡キックボクシングジム)

▼第4試合 65kg契約 ※ヒジ有り LPNJランキング戦
○馬木愛里(岡山ジム)
判定3-0 ※30-28、30-27、30-28
●柿沼 慶(ポゴナクラブジム)

▼第3試合 スーパーフェザー級 3分3R ※ヒジ有り LPNJランキング戦
○皇貴(インスパイヤードモーション)
判定3-0 ※三者ともに30-28
●宮田裕司(バンゲリングベイスピリット)

▼第2試合 スーパーバンタム級 3分3R ※ヒジ無し
○丸吉伴幸(クラミツムエタイジム)
TKO 3R 2分58秒 ※レフェリーストップ(ヒザ蹴り連打)
●菊地英時(ポゴナクラブジム)

▼第1試合 スーパーフライ級 3分3R ※ヒジ無し
△大翔FLYSKYGYM(FLYSKYGYM)
ドロー 判定1-1 ※30-29、29-29、29-30
△前田翔太郎(NEXTLEVEL渋谷ジム)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る

【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧