TOP > 試合結果

【パンクラス】元プロボクサー三浦が完勝で王座奪取

2016/10/02(日)UP

組みの攻防で強さを発揮した上田(上)

▼第6試合 フライ級 5分3R
○上田将竜(緒方道場/同級7位)
判定3-0 ※三者ともに29-28
●荻窪祐輔 (K-PLACE埼玉格闘技道場/同級8位) 

 1Rは上田が投げからテイクダウンし、トップポジションをキープ。2Rに入ると、荻窪は組み付いて上田をケージに押し込み、片足をつかんでテイクダウンを試みるが、腰が強い上田を崩せない。上田は上から荻窪を潰すように倒すとそのまま腕ひしぎを狙う。その後も荻窪はケージ際でしつこくテイクダウンを狙うが、上田を崩せず。上田は荻窪の体勢を崩すと、腕ひしぎ十字固めや三角絞めを仕掛けた。試合を優勢に進めた上田が判定勝ちを収めた。


接戦を繰り広げたヤマニハ(右)と清水(左)

▼第5試合 バンタム級 3分3R
○アラン“ヒロ”ヤマニハ (ブラジル/TS GYM/同級6位)
判定2-1 ※29-28、28-29、29-28
●清水俊一(宇留野道場/HF) 

 序盤はヤマニハがローキック主体の攻撃。清水はローに合わせてパンチを放ちながら、何度かタックル狙うがヤマニハは素早く反応。寝技の攻防ではヤマニハがマウントポジションを奪う場面も。3Rは攻め手を欠く両選手であったが、終盤に清水が組み付くと、ケージ際でヤマニハを倒してアームロック。しかし、追撃及ばずここで試合終了のブザー。ヤマニハの判定勝ちとなった。


MIKEのバックからチョークを狙う田村

▼第4試合 フェザー級 3分3R
○田村彰敏(総合格闘技 津田沼道場/第6代修斗世界ライト級王者)
判定3-0 ※三者ともに29-28
●MIKE(AACC)

 1R、両選手が組み付いてヒザ蹴りを打ち合う。田村がケージ際にMIKEを押し込み、ヒザ蹴りと足の甲を踏みつける攻撃。2R、田村がテイクダウンからバックを奪い、終始チョークを狙うなど寝技で攻め立てる。3R、スタンドの攻防から今度はMIKEがテイクダウン。トップからたびたびパウンドを落とすが追撃及ばず。田村が判定で勝ち名乗りを受けた。


▼第3試合 ストロー級 3分3R
○小塚誠司(FREEDOM@OZ)
KO 1R 25秒 ※左フック
●江泉卓哉(総合格闘技道場 武門會/同級6位) 

▼第2試合 バンタム級 5分3R
○原田惟紘(パラエストラ北九州/同級9位)
判定3-0 ※三者ともに30-27
●CORO(和術慧舟會TLIVE/同級10位) 

▼第1試合 フェザー級 3分3R
○コンバ王子(マッハ道場)
一本 2R 2分28秒 ※フロントチョーク
●木村一成(パンクラスイズム横浜)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果