TOP > 試合結果 一覧

【M-ONE】ゴンナパーが潘と熱闘、V2達成

2017/09/18(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

武来安(左)はパンチだけでなくヒジ打ち、ミドルキックも使いこなす

▼第10試合 WPMF日本ライトヘビー級王座決定戦 3分5R
〇武来安(ぶらいあん/上州松井ジム/J-NETWORKライトヘビー級王者)
判定3-0 ※三者とも49-48
●小嶋広樹(WSRフェアテックス幕張)
※武来安が新王座に就く。

 武来安は日本在住アメリカ人で、破壊力抜群のパンチを持つ。今回J-NETWORK王座に続いての二冠を目指してのタイトルマッチ。対する小嶋はM-ONEが期待する重量級のホープ。

 1R、武来安は左ミドルと右ローからパンチにつなげる。小嶋は武来安が攻めると必ず右ローを返していく。

 2R、武来安の右フックに小嶋はグラつくが、クリンチで回復をはかる。武来安は後ろ回し蹴りを2度放つが、これはヒットせず。

 3R、小嶋はしつこく右ローを蹴り続け、右ストレートをクリーンヒットさせる。一気にパンチをまとめる武来安。終盤は武来安もフックを打ち返す。

 4R、小嶋は前蹴りで距離を取りながら、または下がりながら右ローを蹴り続ける。武来安は前に出てパンチと左ミドルで攻めていき、後ろ蹴りも放つ。

 5R、両者がパンチを当て合い、武来安は左ミドル、小嶋は右ストレートをヒットさせていく。前に出る武来安と下がりながらも当てていく小嶋。両者譲らないタフな戦いとなったが、最後まで前へ出て手足を出し続けた武来安が判定勝ち。ライトヘビー級二冠王となった。


八神(左)を切り裂いた鷹大(右)のヒジ

▼第9試合 WPMF日本フェザー級タイトルマッチ 3分5R
〇鷹大(たかひろ/WSRフェアテックス西川口/元WMC世界&WPMF日本スーパーバンタム級王者/挑戦者)
判定2-0 ※49-49、49-48、49-48
●八神剣太(レジェンド横浜/J-NETWORK&WPMF日本&REBELS-MUAYTHAIフェザー級王者)
※鷹大が新王座に就く。八神は初防衛に失敗。

 三冠王の八神が、そのひとつであるWPMF王座の初防衛戦に臨む。挑戦者はスーパーバンタム級に続いての二階級制覇を狙う鷹大。

 1R、八神は徹底してパンチから右ローにつなげ、鷹大は左ボディブローを狙い撃ち。八神はフェイントを駆使して揺さぶりをかけていく。

 2Rはお互いにパンチを当て合う。八神は左右フックから右ローにつなげ、鷹大は左フック。鷹大のヒジで八神は左目上をカットして流血する。

 3Rもパンチを出し合う両者。八神はノーガードになってアッパー、連打からの右ハイを放つ。鷹大はバックスピンエルボーをヒットさせるが、八神のパンチの手数が優る。

 4R、八神は両腕をだらりと下げてのノーガードで挑発。鷹大はカウンターを警戒して打ちにはいかない。すると八神からパンチを出して左ミドルにつなげる。八神はパンチでもボディを攻め、鷹大は後退。

 5R、八神はまたもノーガードになって挑発。すると鷹大もガードを下げて“打ってこい”と挑発。鷹大のパンチをかわす八神、八神の変則的な蹴りをかわす鷹大。両者は何度も“やるな!”とばかりにグローブを合わせる。

 最後まで打ち合い、動き続けた試合は鷹大が判定2-0で勝利。手を上げられた鷹大の崩れ落ちそうになりながらのガッツポーズが、激闘ぶりを表していた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧