TOP > 試合結果

【M-ONE】ゴンナパーが潘と熱闘、V2達成

2017/09/18(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

最後はLittle Tiger(右)がパンチのラッシュで仕留めた

▼第6試合 WPMF日本女子ピン級 2分3R
〇Little Tiger(WSRフェアテックス三ノ輪/WPMF&WMC世界ピン級王者)
TKO 2R 1分09秒 ※レフェリーストップ
●ヨーディン・シットヨーディン(タイ)

 M-ONEにレギュラー参戦している女子9冠王のLittle Tiger(以下LT)が、16歳の女子ムエタイ選手ヨーディンを迎え撃った。

 1R、LTは左ローを蹴りながら左ハイ、左ストレートを放つ。ヨーディンはよく動きながらローで様子見。

 2R、LTが左ローからの左ストレートを連打していくとヨーディンは顔を背け、スタンディングダウンとなる。一気にパンチと左ローでラッシュを仕掛けるLT。ヨーディンが防戦一方となったところでレフェリーが試合を止めた。


ダウンを奪われたナッタチャイ(左)は猛然とヒジで逆転を狙い、小笠原(右)も必死の応戦

▼第5試合 55kg契約 3分3R
△小笠原裕典(クロスポイント吉祥寺/INNOVATIONスーパーバンタム級王者/JAPAN KICKBOXING INNOVATION)
ドロー 判定1-0 ※29-28、29-29、28-28
△ナッタチャイ・パーン26(タイ/元ルンピニースタジアム認定108ポンド級王者)

 第7試合のガムライペットと同じく、ゲーオ・ウィラサクレックが、かつて所属していたタイの軍隊「パーン26」より招聘してきたナッタチャイ。ゲーオがセコンドに就いた。

 1R、小笠原はジャブと右ローで攻め、ナッタチャイは右ミドル。小笠原が前蹴りも上手く使って自分の距離で戦う。

 2R、ナッタチャイは右ミドルと右ストレート、そしてヒジで接近すると首相撲に持ち込む。前に出てこれを繰り返すナッタチャイに小笠原は手が出ない。

 3R開始早々、小笠原が右ローに合わせた右ストレートでダウンを奪う。ナッタチャイは逆転を狙ってヒジの乱れ打ち。前に出て猛然とヒジを打っていくナッタチャイに会場はどよめきに包まれ、小笠原は立っているのがやっとの状態。

 それでも小笠原も右ヒジを打ち返して最後まで立ち続け、試合終了。判定はドローとなり痛み分けに終わった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果