TOP > 試合結果 一覧

【M-ONE】ゴンナパーが潘と熱闘、V2達成

2017/09/18(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

古豪デンサイアム(左)のパワフルな左ミドルキック

▼第3試合 60kg契約 3分3R
〇デンサイアム・ルークプラバーツ(タイ/元ルンピニースタジアム認定バンタム級王者)
判定3-0 ※29-28、29-28、30-28
●琢磨(東京町田金子ジム/NJKFスーパーフェザー級王者)

 1R、顔面とボディにパンチを打っていく琢磨。動きが鈍いデンサイアムだが、右フック強打をヒットさせ、首相撲では琢磨を転がす。

 2R、琢磨はパンチのコンビネーションとボディブロー。デンサイアムは左ミドルを蹴る。デンサイアムのヒジ狙いを警戒している琢磨が、ストレート系のパンチをヒットさせていく。

 3R、ワンツーで攻めていく琢磨だがデンサイアムの左ミドルをもらいすぎている印象。デンサイアムは首相撲でも往年の強さを見せ、判定勝ちした。


飛びヒザ蹴りを放つ隼也(左)。奥脇(右)も一歩も譲らず白熱した試合に

▼第2試合 53kg契約 3分3R
〇隼也ウィラサクレック(WSRフェアテックス三ノ輪/WPMF日本バンタム級王者)
判定2-0 ※48-48、49-48、50-48
●奥脇一哉(はまっこムエタイジム/前REBELS-MUAYTHAIフライ級王者)

 1R、隼也は右ローと左ミドル主体の攻撃。序盤はローの蹴り合い。隼也の強い蹴りが何発も入る。

 2R、奥脇はパンチを主体とした攻撃に切り替え、隼也のボディを狙っていく。左フックも放つと隼也は右ストレートで応戦。

 3R、隼也が強いパンチ、蹴りで攻める中、奥脇がヒジでカットに成功。隼也を流血に追い込む

 4R、奥脇の左フック、右ストレートがヒット。パンチを主体にローも交えて攻める奥脇に隼也はハイ、ミドルで応戦する。

 5Rもパンチの打ち合い、ミドルの蹴り合い、ヒザの蹴り合いと激しい攻防が続いた。両者譲らぬ戦いの勝敗は判定にもつれ込み、隼也が2-0で接戦を制した。


UMAが飛びヒザ蹴りを決めて鮮やかな逆転KO

▼第1試合 WPMFルール 65kg契約 3分3R
〇UMA(K&K BOXING CLUB/元REBELS 65kg級王者)
TKO 2R 2分20秒 ※左飛びヒザ蹴り
●コンペット フェアテックス(タイ)

 1R、先制攻撃を仕掛けたUMAが左三日月蹴りを連発し、左ストレートで積極的に攻める。コンペットは右ハイがヒットすると以後も狙い撃ち。

 2R、コンペットはアグレッシブにパンチとミドルで攻め始める。接近戦では右ヒジでUMAの左目上をカット。劣勢に追い込まれたUMAだが、左飛びヒザ蹴りをクリーンヒットさせて逆転TKOで場内を盛り上げた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧