TOP > 試合結果 一覧

【NJKF】伊藤紗弥がWBCムエタイ世界王座を獲得、世界統一王者まであとひとつ

2017/11/26(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

両者は顔を腫らしながらの打ち合いを展開

▼ダブルセミファイナルII WBCムエタイ日本統一フェザー級王座決定戦 3分5R
〇新人(E.S.G/WBCムエタイ日本統一フェザー級2位、NJKFフェザー級王者)
判定3-0 ※49-48、49-47、49-47
●駿太(谷山/WBCムエタイ日本統一フェザー級1位、Bigbangスーパーフェザー級王者)
※新人が新王座に就く。

 両者は6月に対戦し、この時は3Rマッチで駿太が2-1の判定勝ち。5カ月の間を置き、5Rマッチ・WBCムエタイ日本統一王座を懸けての再戦となった。

 1R、駿太はロープを背にして立ち、まずは両者前蹴り・ロー・ミドルと飛ばして探り合う。前回もロープを背にした駿太に「予想と違った」と攻めあぐねを口にした新人だが、今回は予測のうちであったか戸惑いを見せない。

 2R、やはりロープ際へ下がる駿太に新人は先手でミドルを打ち込み、組んでもヒザを多く繰り出す。大きなダメージは負っていない駿太だが、手数で新人の印象。

 3Rも新人はロープ・コーナーから駿太を出さずミドルを見舞っていく。そこから組んでいくと、駿太はヒジで応戦。新人は変わらずヒザを繰り出し、自身もヒジを返すとこれで駿太の左目下を腫らせる。

 4R、駿太がローとミドルを放っても新人は必ず蹴り返し、自分の攻撃で攻防を終わらせる。

 駿太にロープを背負わせ、駿太がショートの右ストレートを2連打してロープ際から出ようとしても新人は圧力と集中力を落とさず出させない。

 5R、駿太は一転パンチを振るって前に出るも、新人はラウンド中盤からパンチとミドル、組んでのヒザで逆に駿太を押していく。最後も両者が打ち合いとなるが、新人が下がらせて終了。

 判定は49-48、49-47、49-47の3-0で新人となり、リベンジを成し遂げるとともにこの階級でNJKF王座に続く2本目のベルトを獲得した。


1Rにダウンを奪った琢磨(右)が競り勝った

▼ダブルセミファイナルI WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王座決定戦 3分5R
〇琢磨(東京町田金子ジム/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級1位、NJKFスーパーフェザー級王者)
判定2-0 ※47-47、48-46、49-47
●浅川大立(ダイケンジム/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級3位、INNOVATIONスーパーフェザー級1位)
※琢磨が新王座に就く。

 粘り強さと豊富な手数が身上の琢磨と、強打を武器に町田光とも接戦を繰り広げた浅川が王座を争う。

 1R、琢磨がフックからローを繋ぐと浅川はスリップにも映ったがダウン。立ち上がった浅川はあまりダメージはない様子で右ストレートで琢磨のアゴを跳ね上げるが、琢磨も左フックを打ち込む。

 2Rは両者ジャブからローを繋ぎ、拮抗した状態が崩れない。3R、接近戦で横・縦とヒジを繰り出す浅川だが、琢磨はフットワークを落とさずローを多く当てていく。4Rも接近戦では浅川がヒジを振るうが琢磨は1発もらってもその後は密着して攻めさせず、逆に中間距離の攻防ではフットワークを止めず右ストレート・左フックからのローで浅川を攻める。

 最終R、攻めて出る浅川を琢磨はクリンチして止め、中盤からは打ち合わず巧みにパンチでカウンターを取る。浅川も右ストレートを打ち込みダウンを奪わんとするが、琢磨は再びクリンチと距離を取って外し終了。

 判定は1者が47-47でドローとするも、48-46、49-47の2-0で琢磨。今年2月に奪取したNJKF王座に続きWBCムエタイ日本統一王座を腰にした。

●編集部オススメ

・天才ムエタイ少女・伊藤紗弥が世界統一宣言

・天才ムエタイ少女から蹴撃女王へ、大人になった伊藤紗弥は「攻める」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果 一覧