TOP > 試合結果

【パンクラス】福島秀和が復活勝利で格闘技愛語る「ぜひいろんな団体を見て下さい」

2018/07/22(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

福島(左)が完勝で復活

パンクラス大阪
「PANCRASE 大阪大会」
2018年7月15日(日)大阪・旭区民センター大ホール

▼第12試合 メインイベント バンタム級 3分3R
○福島秀和(BLOWS/パンクラス・フライ級6位)
判定3-0 ※30-27、30-27、29-28
●山本哲也(SUBMIT MMA/ネオブラッド・トーナメント2017優勝)

 福島は2014年よりパンクラスに参戦。大阪出身だが大阪大会よりも東京での試合が多く、東京のファンにもお馴染み。小気味よい動きのオールラウンダーだ。3月、TSUNEに判定負けを喫しており、復活を期してこの試合に臨む。

 一方、昨年のネオブラッド・トーナメント・フライ級優勝者の山本も昨年11月、福島と同じくTSUNEに敗れている。今回、格上でランカーの福島に挑む。
 
 1R、山本が組んでケージ(リングを囲む金網)へ押し込みヒザ。福島は離れてパンチで攻め込むが、ケージへ押されてしまう。2R、福島がパンチを打ち、山本が組んでケージ際でのヒザ蹴り。1Rと同じような展開。
 
 3R、福島がタックルからテイクダウンするが山本が上を奪い返す。福島が立ち上がりケージ際で攻める。お互いヒザを入れ合うが残り1分でブレイク。再開後も山本が福島をケージに押し込むが、それ以上の攻撃には至らず。判定3-0で福島が勝利した。

 福島は「メインを張る者として、もっとアグレッシブに行ってフィニッシュしたかったが、山本選手も強くて判定になってしまった。でも、こうしてたくさんの人に見てもらい、1人でも格闘技に興味を持ってくれる人が増えたらうれしい。ぜひいろんな団体の興行も見てください」と格闘技愛を語った。


金太郎(左)が強烈なパンチで優位に立った

▼第11試合 セミファイナル バンタム級 3分3R
●合島大樹(GUTSMAN)
判定3-0 ※27-30、28-29、27-30
○金太郎(パンクラス大阪稲垣組)

 25歳と若い金太郎のパンクラス参戦歴は意外に古く、2012年から上がっている。前戦は昨年12月、土肥潤にTKO勝ち。対する合島は東京でのナンバーシリーズでおなじみのベテラン。コンスタントに戦っているが3連敗中。大阪の地で復活勝利を狙う。

 1R、ローの蹴り合いの中、金太郎が左の鋭いパンチ。これで合島はフラッシュダウンし、金太郎はパンチ、蹴りでたたみかける。しかし、すぐ立て直した合島は飛び込んでいく。これを受け止めた金太郎はさらに打撃で攻めるが、合島も打ち返す気の強さを見せる。
 
 2R、金太郎がパンチからタックルに入るがケージ際でもつれて離れる。圧力のある打撃で攻め込む金太郎に、合島も打ち返し、組んでケージ際でテイクダウン。下になった金太郎は足関節技を狙う。

 3R、プレッシャーをかけていく合島。しかし金太郎がパンチで合島を吹っ飛ばす。上になった金太郎はパウンド。合島が上体を起こそうとしてもパンチで潰す。残り10秒、合島が立ち上がり激しい打ち合いとなるがゴング。両者は肩を抱き健闘を称えあった。判定は3-0で金太郎がベテラン超えを果たした。

 金太郎はマイクで「勝ったけど自分らしさが出ていなかった。でも、最後まで頑張れたのは、応援してくれるみんなのパワーがあったからです」と感謝を述べ、「次までに、ランカーとメインを張れるくらい強くなります」と宣言した。

●編集部オススメ

・TSUNEと緊張感のある接戦を展開した福島

・山﨑悠輝、地元大阪でランカー対決制す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果