TOP > 試合結果

【Krush】島野浩太朗が大岩龍矢を振り切って初防衛

2018/12/16(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

長い手足を利した攻撃で福原を完封したC-ZUKA(左)

▼第2試合 女子アトム級(45kg)2分3R延長1R
〇C-ZUKA(T-GYM/初代NJKFミネルヴァ・アトム級元王者)
判定3-0 ※30-28、30-27、30-28
●福原 優(K-1 GYM EBISU FREE HAWK)

 C-ZUKAはこの階級では165cmと長身で、5勝(1KO)5敗1分の戦績。NJKFミネルヴァ・アトム級初代王座を保持していた。9月の『KHAOS』では豊嶋里美から延長戦の末に勝利を収めている。対する福原はパンチを主体としたアグレッシブなファイトスタイルを持つが戦績は1勝2敗1分と負けが先行している。9月の『KHAOS』では高梨knuckle美穂にKO負けを喫した。

 1R、C-ZUKAの右ローで転倒した福原は、立ち上がるとパンチを出しながら一気に前へ出る。C-ZUKAは右ミドルを蹴り、パンチを打って来る福原へ長いリーチを生かしたワンツー。福原は強引にパンチで入り込もうとする。

 2R、C-ZUKAは左右ミドルと左右ストレートで前へ出る。パンチと右ローで反撃する福原だが、C-ZUKAの前進と手数を止めるには至らない。リーチを生かした戦い方に福原は消耗した表情を見せる。

 3Rも同様に左右ミドルと左右ストレートで前進していくC-ZUKA。福原も右ストレートを繰り出すが、C-ZUKAの手数に圧倒される。判定3-0でC-ZUKAが勝利を収めた。


MOE(左)に左フックを見舞う高梨(右)

▼第1試合 女子アトム級(45kg)2分3R延長1R
〇高梨knuckle美穂(Y’ZD GYM)
判定3-0 ※30-28、29-28、30-27
●MOE(若獅子会館)

 MOEは大阪府平野区出身の16歳。小学1年生から試合に出場し、100戦以上を経験。K-1アマチュア大会の-45kg級で優勝しているほか、K-1甲子園での女子ワンマッチでも勝利。高梨は9月の『KHAOS』でプロデビューし、福原優を得意のパンチで3R1分37秒、KOに仕留めて注目を浴びた。

 1R開始と同時に高梨は前へ出て右ストレートを放っていく。MOEはジャブで迎え撃ち、左フックもヒットさせる。高梨が前へ出てくるところへ巧みにパンチを当てに行くMOE。

 2R、高梨はローでMOEの足を止めに行き、連打を繰り出すとMOEも打ち合う。高梨が左ミドルから打ち合いに行き、MOEもパンチを返すが左ミドルの蹴り終わりに右ストレートを合わされてダウンを奪われる。

 3R、MOEは回り込みながらローを蹴り、高梨がパンチを打って来ると強気に打ち返す。高梨のワンツーがヒットする場面もあり、MOEの挽回を許さず高梨が判定勝ちした。


▼プレリミナリーファイト第3試合 フェザー級(57.5kg) 3分3R
●山浦力也(北斗会館浅科道場)
判定0-3 ※三者とも25-28
〇斗麗(WIZARDキックボクシングジム)

▼プレリミナリーファイト第2試合 スーパー・フェザー級(60kg) 3分3R
〇久保一馬(FIGHT CLUB 428)
判定2-1 ※30-29、29-30、30-29
●勇治(ネクサスジム)

▼プレリミナリーファイト第1試合 フェザー級(57.5kg) 3分3R
〇安達元貴(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
判定2-0 ※28-28、29-28、29-28
●勝輝(K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER)

●編集部オススメ

・大岩龍矢「最高の殴り合いが出来れば」、王者・島野浩太朗は「そこでも自分が勝つ」

・玖村将史「武尊・武居以上の勝ち方で勝つ」

・王座へ向けた女たちの戦いへ4選手が計量クリアー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > 試合結果