TOP > 試合結果 一覧

【ラウェイ】全試合KO決着、渡慶次幸平が再び拳を折るもKO勝利、東修平は無念のTKO負け

元パンクラス王者鈴木槙吾、キック世界王者にKO負け
2019/05/18(土)UP

鈴木はフックで前進するもウィリアムスの技術に翻弄される

ILFJ
『LETHWEI IN JAPAN 12 ~勇者の証~』
2019年5月17日(金)東京・後楽園ホール

▼第2試合 83.00㎏契約 3分4R 判定なし
○TY・ウィリアムス(32=ニュージーランド)
KO 1R2分22秒 ※右フックでスリーノックダウン 
●鈴木槙吾(33=フリー/第8代ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト)

 鈴木が第8代ウェルター級キング・オブ・パンクラシストの看板を引っ提げラウェイのリングに登場。WKBF(世界キックボクシング連盟)K-1ルール世界クルーザー級王者のウィリアムスとの初参戦同士の対決となる。

 1R、ウィリアムスが右ロー、左ボディストレートを伸ばしクリーンヒット。前進しプレッシャーをかける鈴木に引きながらウィリアムスが左フックをヒットし、青はヒザをつくがすぐ立ち上がる。前に出る鈴木にウィリアムスがカウンターの右フックを当て鈴木がダウン。動けない鈴木に即座に青コーナー側からタイムが入る。

 再開直後、ウィリアムスが左フックを当て足元がおぼつかない鈴木だが、ロングフックとバックスピンキックで反撃。しかしロープに詰められて再び右フックを食らい2度目のダウン。後がなくなった鈴木は右前蹴りで距離を取るが、仕留めに来たウィリアムスの右フックを直撃させられてダウン。3ノックダウンとなり、ウィリアムスが勝利をものにした。

【写真10枚】ラウェイの激闘、鈴木槙吾vsTY・ウィリアムス=鈴木はアゴを骨折

●編集部オススメ

・東修平、頭突きが得意な18歳ミャンマー人を迎え撃つ

・渡慶次幸平が2月の試合で拳の骨折も5.17大会に出場、ミャンマー人相手に試練の一戦へ

・渡慶次幸平と東修平が圧倒するもミャンマー勢が驚異の粘り

・GRAND王者ルクク・ダリ、過激格闘技の”英雄”超えのため勝利の誓い

・元パンクラス王者の鈴木槙吾が一撃KOの外人キック王者に「殺す、殺される覚悟で」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧