TOP > 試合結果 一覧

【RISE】紅絹がダウン応酬の激闘を制して初防衛、伊藤紗弥が衝撃のKO負け

2020/02/11(火)UP

RISE QUEEN寺山がスック・ワンキントーン王者KOKOZをミドルキックで抑え込み判定勝利

▼セミファイナル SuperFight! -49kg契約 3分3R延長1R
○寺山日葵(TEAM TEPPEN/初代RISE QUEENミニフライ級王者、第8代J-GIRLSミニフライ級王者)
判定3-0 ※30-29、30-29、30-29
●KOKOZ(ここぜっと/TRY HARD GYM/スック・ワンキントーン・女子ミニフライ級王者)

KOKOZはムエタイベースらしい強いローキックで寺山に迫る

 寺山は数々のアマチュア大会で好成績を重ね、17年5月に15歳でプロデビューした。昨年9月には佐藤レイナとのRISE QUEENミニフライ級王座決定戦を制し、初代RISE QUEENミニフライ級王座を獲得。同11月の『RISE GIRLS POWER』旗揚げ興行では、RISE QUEENアトム級王者・紅絹との女王対決にも勝利した。

 対するKOKOZは寺山と同じ2001年生まれで現在18歳。プロ4戦全勝。今年6月にはムエタイ興行「スック・ワンキントーン」のミニフライ級王座決定戦を制し、ベルトを獲得。初参戦のRISEでいきなりのQUEEN・寺山に挑む。

 1R、静かな立ち上がりから、寺山の左ミドルをキャッチしたKOKOZが返しの右ミドルをヒット。寺山はローからワンツー、最後にローのコンビ―ネーションで前に出る。長いリーチの寺山は遠くから右ミドル。終盤にKOKOZの右フックが寺山の側頭部をとらえる。

リーチに勝る寺山がパンチ、蹴り両面でKOKOZの前進を封じた

 2R、寺山が左右ミドル、前蹴りで距離をつかみ、KOKOZの入りに合わせて右ストレートを見せる。KOKOZは右ボディストレートを伸ばし距離を詰めたいが、寺山の蹴りに阻まれ詰めきれない。しかし寺山の右に合わせてKOKOZが左フックをカウンターでヒット。終盤にも左フックを再びカウンターで当てる。

 3R、KOKOZが距離を詰めるも寺山は離れ際に右ミドル、離れれば前蹴りでKOKOZを寄せ付けない。KOKOZはパンチで距離を詰めたいが寺山は足を使い、コーナーに詰めて右ミドルを強打。左のミドルもヒットさせ、距離を支配する。KOKOZが接近しきれないまま終了のゴング。第3ラウンドを明確に取った寺山が全ジャッジ1点差の判定を勝ち取った。

 女王対決を制した寺山は「KOKOZ選手強くて慎重になっちゃって、いろいろ反省点は多いです」とすっきりと勝てなかったことに反省の声。そして「まだまだちょろい選手ですが、応援してくれるとうれしいです」とさらなるステップアップを観客に約束し、笑顔でリングを降りた。


ミネルヴァ王者Ayakaが番狂わせ、ムエタイ世界王者伊藤を3RKOで葬る

▼第6試合 アトム級(-46kg)3分3R延長1R
●伊藤紗弥(尚武会/WBCムエタイ世界女子ミニフライ級王者、WPMF世界女子ピン級王者、WMC女子世界ミニフライ級王者)
KO 3R1分51秒 ※パンチ連打
○Ayaka(健心塾/NJKFミネルヴァ日本ピン級王者)

伊藤はムエタイ王者らしく蹴りを中心に試合を組み立てる

 伊藤は4歳の頃からムエタイを始め、僅か13歳でのWPMF女子世界ピン級暫定王座を皮切りに、WBCムエタイ、WMCの世界三冠を達成。“天才ムエタイ少女”として名を馳せた。約1年のブランクから昨年12月に復帰。今回が初のRISE参戦となる。

 対するAyakaは現在高校三年生の女子高生ファイターで、昨年11月の『DEEP☆KICK 41』において、NJKFミネルヴァピン級王座決定戦を制し新王者に輝いている。

 1R、速いパンチとローを見せるAyakaのスピードに伊藤が翻弄され、出入りの多さに対応しきれない様子。伊藤は重い右ロー、左インローを打ち込むが、Ayakaが速く手数の多いパンチでペースを握る。

 2R、伊藤が右ミドルを増やしプレッシャーを強めるが、Ayakaは伊藤の蹴りの打ち終わりにパンチ、ローで反撃し追撃を許さない。伊藤の十八番を奪うような前蹴りで前進を止め、回転のいいパンチからのローで伊藤にペースを渡さない。

激しい出入りで伊藤の距離感を狂わせるAyakaは次々とパンチをヒットさせ伊藤を消耗させた

 3Rも伊藤のミドルに合わせたAyakaのパンチがよく当たる。伊藤は左右ミドルでAyakaを押し込もうとするも、Ayakaはパンチから右ローを積み重ね、攻防を伊藤の攻撃で終わらせない。ラウンドが1分半を過ぎた頃、Ayakaの左ボディが伊藤の腹にヒット。続けて右フックを当てると伊藤はよろよろとロープ際に後退し、Ayakaの連打を浴びるとロープにもたれかかるようにダウン。レフェリーが数える10のカウントの間に立ち上がることができず、Ayakaが衝撃のKO勝利を収めた。

 劇的なKOを見せたAyakaは「相手が世界チャンピオンなんで緊張もしたんですけど、応援来てくれた人にいいところ見せられて良かったです」と歓喜。そしてリングサイドで見守るRISEの伊藤隆代表へ「またRISE出させてください!」と再参戦を直訴した。

▶次ページは話題のスーパーガール・アンナ、”破壊姫”村上悠佳が登場

●編集部オススメ

・タイトル初挑戦の平岡琴に、紅絹「まだ早いよ?」と王者の風格=前日計量

・女王・寺山日葵「一つ上のレベルにいないといけない」村上悠佳が狙うは2大会連続KO=前日計量

・伊藤紗弥が計量パス「バチバチに打ち合う」16歳スーパーガール・アンナ「私には武器がいっぱい」

・開幕戦を飾った初ラウンドガール「KO連発で大興奮」

・【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈が計量パス、接戦の祥子との再戦に自信

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧