TOP > 試合結果 一覧

素手ボクシングで元UFC美女ヴァンザントが痛恨のデビュー2連敗、激怒の退場も「私は必ず這い上がる」

2021/07/25(日)UP

オストビッチ(右)の強烈な右を被弾するヴァンザント(左)@rachaelostovichより

 素手ボクシングの格闘技イベント『BKFC 19』が7月24日(日本時間)に米フロリダ州タンパにて開催。
 メインイベントの女子フライ級マッチにて、素手ボクシング2戦目に挑む元UFC美女ファイターのペイジ・ヴァンザント(26=米国)が元UFCファイターで素手ボクシングに初挑戦するレイチェル・オストビッチ(30=米国)に判定負けした。

【試合動画】強烈な右が美女戦士ヴァンザントの顔面を直撃!  激怒した表情で退場するヴァンザントも

 まさかの敗北だった。UFC時代の2年半前、両者はMMAルールで対戦しており、腕十字による一本勝ちであるものの、その時はヴァンザントが完勝。今回の戦前の下馬評でもヴァンザントが有利だった。

 しかし、試合をリードしたのはオストビッチ。初の素手の殴り合いに臆することなく、リング中央をとり、積極的にパンチを当てていく。ヴァンザントはオストビッチの打ち終わりを返すか、カウンター狙いの動きを見せるが、オストビッチの右フックなど右の攻撃を何度も受ける。

 今年2月のBKFCデビュー戦の敗戦から素手ボクシングに特化した練習を積み重ねてきたヴァンザントは、キレのあるコンビネーションや効果的なクリンチワークなど成長の片鱗を見せたが、一歩及ばず。結局、判定3-0(48-47、48-47、49-46)で、オストビッチが勝利した。

 判定のコールの後、自らの勝利を確信していたのか、驚きと激怒した表情で、すぐさまリングから退場したヴァンザント。しかし、試合後の自身のSNSに「私は必ず這い上がる。1秒たりとも、疑いを持たない」と投稿し、初勝利への挑戦を諦めない姿勢を見せた。

 デビュー2戦連続でメインイベンターとして大きな話題を集めながらも、勝ちを手にすることができていないヴァンザント。後のない3戦目、果たして、ヴァンザントは誰と戦うのか。初勝利はあるのか。今後の展開が注目される。

▶︎次ページ【試合動画】強烈な右が美女戦士ヴァンザントの顔面を直撃!  激怒した表情で退場するヴァンザントも

●編集部オススメ

・素手ボクシング前日計量で元UFCの美女対決!ダイナマイトボディvs笑顔の美腹筋

・【テレビ】柔道 『東京2020オリンピック』TV生中継・放送・ネット配信情報=7.24〜7.31(東京五輪柔道)

・素手ボクシング敗北の元UFC美女ヴァンザント、ミット打ち&“ビキニ姿”前方宙返り! 初勝利に向けて特訓映像をアップ

・【海外MMA】何と“寝た状態からのかかと落とし”失神KO劇!試合に向けた映像公開に「完璧なタイミング、これは回避不可能」と驚きと絶賛の声

・【動画あり】衝撃KO動画が満載!イーファイトの“KO&一本”特集ページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧