TOP > 試合結果 一覧

【五輪柔道】日本がフランスに敗れ銀メダル、大野将平「3年後(パリ五輪)リベンジする」

2021/07/31(土)UP

日本チームが決勝で敗退、キャプテンの大野将平はパリ五輪でのリベンジ誓う(右)Getty Images

 東京オリンピック柔道最終日(31日)は、今回から五輪で採用された新種目、1チーム男女6名による混合団体戦が行われ、決勝でフランスが日本に4-1で敗れ、フランスが新種目で初の金メダルに輝いた。

 この団体戦は勝ち抜き戦ではなく、同じ階級の選手同士で戦い、先に4勝したほうが勝ちとなる。3対3になった場合は、一本や技ありなどポイント数の多さで決する(それでも引き分けの場合は無作為に選ばれた階級区分の選手で代表戦を行う)。

【フォト】1回戦からのトーナメント表に赤線とスコア、見やすい団体戦の全試合結果

 先鋒は今大会70kg級の金メダリスト新井千鶴(三井住友海上)と63kg金メダルのアグベニューが対戦。新井がアグベニューに前半に小内刈りで技ありを奪われ後半にも小内刈りで技あり合わせ一本。アグベニューが世界選手権5度優勝の力を見せつけた。

 次鋒は90kg級の部で向翔一郎(ALSOK)が登場。今回団体戦では2連勝の向が世界ランク17位のクレルジュに延長戦で小外狩りで一本負け。ここで2連敗と苦しい展開。

 3戦目は女子78kg超で金メダルの素根輝(そね・あきら/パーク24)が同級銅メダルのR・ディコに大内刈りで技ありを奪うと、再び立技から相手の引き込みを潰し抑え込みで合わせて一本勝ちで、ようやく一勝。

1回戦からのトーナメント表に赤線とスコア、全結果

 4戦目、100kg級金メダルのウルフ・アロンが100kg超級で五輪2連覇で世界選手権10連覇”最強”リネールと対戦。序盤からリネールのパワーのある攻撃に防戦中心となるウルフに指導が2となる。
 そして延長戦へ。延長に強いスタミナのあるウルフ、積極的に攻め始め、互角の戦いになるが、リネールが内股で技ありを奪い勝利。3-1と追い詰められた日本。

 5戦目の副将戦は女子57kg級の芳田司(コマツ)が今大会同級銀メダリストのシジクに前半に転がされ技ありを奪われる、残り時間で袖釣り込み腰などの猛攻を見せるも捕まえきれず、日本は大将戦の大野まで繋ぐことができなかった。

 チームキャプテンの大野将平は「この男女混合で負けたことは、しっかり胸に刻まないといけない。キャプテンとしてチームを優勝に導くことができなかった責任を感じている。3年後、日本柔道チームとしてリベンジしたい」とパリ五輪でフランスチームにリベンジすると誓った。

●編集部オススメ

・日本が決勝に進出、最強リネール擁するフランスと対戦決定=柔道10個目の金なるか

・【五輪柔道】何?ウルフトルネードか!? 豪快に一本勝ちしたウルフ・アロンのアクロバットな技が話題に

・団体戦で阿部詩、大野将平と連敗も、その後4連勝で逆転し準決勝進出

・美しすぎる柔道女王ビロディドが美腹筋を披露、三菱モータースのモデルで登場

・道端カレンが”美ボディ”コンテストで準優勝、次は全国大会へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧