TOP > 試合結果 一覧

【ビッグバン】駿太がジョムラウィーに2度ダウン奪う完勝、FUMIYAは山際和希を1R悶絶KOで担架送りに

2021/08/29(日)UP

駿太(左)が強烈な縦ヒジを見舞う、タイ人を相手に完勝を収めた

ビッグバンプロモーション
『Bigbang-統一への道-其の39』
2021年8月29日(日)東京・後楽園ホール

▼第11試合 メインイベント第2試合 フェザー級 ビッグバンキックルール(ヒジあり) 3分3R
◯駿太(谷山ジム/Bigbang Sフェザー級王者)
判定3-0 ※三者とも29-27
●ジョムラウィー・Kcrony gym(Kcrony gym/元タイ9ch&パタヤスタジアム認定バンタム級王者)

 駿太はプロキャリア19年目を迎える大ベテラン。60戦を超えるキャリアを持ち、MA日本フェザー級、WMAF世界フェザー級、Bigbangスーパーフェザー級の3タイトルを獲得。昨年11月の『スーパービッグバン2020』で防衛成功を収め、今年3月には元新日本キックのライト級ランカーをヒジ打ち一閃でKO勝利している。

 対するジョムラウィーは元タイ国TV9chバンタム級、元パタヤスタジアム認定バンタム級を制したムエタイファイター。

 昨年11月には瀧澤博人とWMOインターナショナル・フェザー級王座を、12月には IMCインターナショナル同級王座を争ったがいずれも判定負け。今年1月にはジャパンキック王者・石川直樹に引き分けるも、3月にはHOOST CUP王者・滉大に判定負けしている。

駿太のこの右のヒジ打ちがヒット、ダウンを奪った

 1R、駿太が右ローを蹴ると、ジョムラウィーは右ミドルを返す。遠い距離から右の縦ヒジを見舞うジョムラウィー。駿太も組んだ離れ際に右ヒジ打ちを放つ。組んでのヒザ蹴りで攻めるジョムラウィー。

 2R、駿太がじりじり圧力をかけて前進、右ローをヒットさせる。ジョムラウィーは遠い距離から左右のミドル、前蹴りで牽制する。

 3R、左ジャブ、右ストレートを見舞う駿太。ジョムラウィーが右ミドルを蹴ると、駿太が左の縦ヒジを見舞う。ジョムラウィーが右ミドルを蹴ると、ロープ際で駿太が右のヒジ打ちをジョムラウィーの側頭部にクリーンヒット。このヒジ打ちでジョムラウィーがロープにもたれかかるようにしてダウン。

 駿太は、右ストレートで追い討ち、さらに左フックをヒットさせてダウンを追加。組みつくジョムラウィーに駿太が右フックからラッシュを仕掛けたところで、終了のゴングが鳴った。

 勝利してメインを締めた駿太は「いつも来てくれてありがとうございます。感謝しかないです。昔は自分だけ頑張ればいいやと思っていましたが、こうやって皆さんの力でリングに立っていると思っています」とファンに向けて感謝を述べた。

●編集部オススメ

・【ビッグバン】FUMIYA、かつてバックハンドでKOした山際和希にまたも「バックハンドで倒す」=8.29

・【ビッグバン】駿太がKO勝利も笑顔なし、谷山俊樹は右ハイキック一撃でMMAファイターをKO

・【ビッグバン】城戸康裕、タフな相手に技術で上回り勝利、駿太はMA王者に判定防衛も悔し泣き

・【K-1】城戸康裕、谷山俊樹が9.20横浜大会に向け公開練習「圧勝してみようかな」(城戸)

・【キック】加藤紗里、黒のミニで初ラウンドガール「戦ってる男の人ってみんな格好いい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧