TOP > 試合結果 一覧

【ビッグバン】駿太がKO勝利も笑顔なし、谷山俊樹は右ハイキック一撃でMMAファイターをKO

2021/03/21(日)UP

エース駿太が貫禄のKO勝利

ビッグバンプロモーション
『Bigbang-統一への道-38』
2021年3月21日(日)東京・後楽園ホール

▼メインイベント第2試合(第11試合) スーパーフェザー級 ビッグバンキックルール 3分3R
○駿太(谷山ジム/Bigbangスーパーフェザー級王者)
KO 2R1分33秒 ※右ヒジ
●渡邊涼介(ホライズン・キックボクシングジム/元新日本キックボクシング協会ライト級4位)

駿太が右ヒジ一閃、渡邊が糸が切れたように崩れ落ちる

 駿太はプロキャリア17年を誇る大ベテラン。60戦を超えるキャリアを持ち、MA日本フェザー級、WMAF世界フェザー級、Bigbangスーパーフェザー級の3タイトルを獲得。昨年11月の『スーパービッグバン2020』では、宮崎勇樹との防衛戦で判定勝利を収めたが、勝利者コメントで、自身のパフォーマンスに納得がいかず悔し泣きした。21年は笑顔のスタートを切りたいところだ。
 対する渡邊は元新日本キックボクシング協会のライト級ランカー。ここまで17戦8勝5敗4分の戦績を残している。1階級落としての参戦で、パワーの差を見せつけられるか。

 1R、圧力を掛けるのは駿太。左ミドルで前進する駿太に、渡邊は左ロー、左ジャブを出しながらリングを回る。渡邊のパンチに合わせ駿太が組み、ヒジ・ヒザをヒットさせる。

2021年初戦を快勝も駿太の顔は浮かず

 2R、前進する駿太へ渡邊が右ミドル。駿太は渡邊をロープへ追い詰めると長い右ストレート。距離が詰まるとヒジを叩きつける。ロープから放れた林が前に出たところへ、駿太がカウンターで右ヒジを一閃。渡邊が糸が切れたように崩れ落ち、10カウント内に立ち上がれず。駿太がKO勝利で2021年初戦を飾った。

 駿太はマイクを握るも曇りがちな表情。「すごいモヤモヤします。渡邊選手強かったんですけど、今日の試合は満足できていない。モヤモヤしています。申し訳ないです。満足する試合ができなかった」と、しきりに反省のコメントをしたのち、首をかしげながらリングを降りていった。

▶次ページは谷山俊樹vs林、夜叉猿vs政斗

●編集部オススメ

・Wメインに駿太と谷山俊樹が出場、フェザー級王座決定戦も=3.21

・【RIZIN】浜崎朱加が浅倉カンナの猛攻を振り切り初V、「メチャクチャ強くなっていた」と浅倉を称賛

・【K-1】村越優汰、吠えながら攻撃の”野獣化”した芦澤竜誠を翻弄

・【RIZIN】元K-1王者・大雅が貫禄の判定勝利、緊急参戦の基山幹太は敗れるも大健闘

・【K-1】山崎秀晃 ”春のパンチ祭り”で不可思を69秒の瞬殺KO勝利

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > 試合結果 一覧