TOP > 試合結果 一覧

【KNOCK OUT】小笠原瑛作が壱・センチャイジムを破ってSバンタム級王座初防衛、安本晴翔は角田泰盛の猛攻に苦しむも12連勝

2021/11/28(日)UP

ボディブローとバックキックで二度のダウンを奪った安本

▼セミファイナル(第6試合) スーパーファイト KNOCK OUT-BLACK -58.0kg契約 3分3R・延長1R
〇安本晴翔(橋本道場/KNOCK OUT-REDフェザー級王者、元REBELS-REDフェザー級王者、WPMF世界フェザー級王者、WBCムエタイ日本統一フェザー級王者、元INNOVATIONスーパーバンタム級王者)
判定3-0 ※29-25、29-26、29-27
●角田泰盛(CRAZY WOLF/元KAISERスーパーフェザー級王者)

 スーパーファイトで、KNOCK OUT-REDフェザー級王者・安本晴翔(橋本道場)が元KAISERスーパーフェザー級王者・角田泰盛(CRAZY WOLF)と対戦。

 安本はサウスポーから繰り出されるしなやかな蹴り技やテクニックを武器に、16年6月に16歳でデビュー。 WPMF世界フェザー級王座、WBCムエタイ日本統一フェザー級王座、元INNOVATIONスーパーバンタム級王座など様々なタイトルを獲得してきた。現在は破格の11連勝、4連続KO勝ち中。戦績は21勝(12KO)1敗2分と抜群の勝率を誇る。

最後は角田の猛反撃にあった安本は、この表情

 対する角田は、新日本キックのリングで17年11月に櫓木淳平に判定勝利、20年2月には甲斐康介に判定勝利している。19年にはMMAのリングにも参戦を果たしている。戦績は9勝(6KO)9敗1分。

 1R、安本は左ハイキック、右ハイキックでいきなりKOを狙う。さらにバックキックで追撃。右、左と安本の強烈なパンチが角田に襲い掛かる。角田はインローで安本を崩す場面や右フックを入れることもあったが、劣勢の印象を残した。

 2R、勢いに乗る安本は、角田のローキックを受けながらも右フックでKOを狙う。さらにミドルキックで角田のボディを攻撃。ヒザ蹴り、ボディ打ちと角田を追い込む安本は、強烈な右ボディでダウンを奪った。さらに立ち上がった角田に、安本は右バックキック。これもまともに入り、二度目のダウン。立ち上がった角田にバックキックで追い打ちをかけるが、ラウンド終了のゴングが鳴らされた。

勢いのある安本晴翔は、角田泰盛の粘りに苦しんだが12連勝を飾った

 3R、二回のダウンを奪った安本は、あとはどんなフィニッシュとなるかが焦点か。ところが、角田はダメージを感じさせない猛攻を見せた。前へ出る角田は、インロー、アウトローで安本の右足を狙う。これが効果を出し始めて、安本が失速していく。ボディへ攻撃を入れる場面もあったが、最後まで角田のローキックが安本を苦しめた。

 判定は3-0で安本が勝利をものにしたが、角田の猛攻が目立つ結果となった。フラフラの安本は、12連勝となったが「苦戦しました。こんなんじゃダメですね。次はKOで勝ちます」とコメントした。

▶次ページは花岡竜vs老沼隆斗、渡部太基vs松山 翔

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】鈴木千裕が秒殺KOで初王座を戴冠、ぱんちゃんが難敵sasoriに僅差で勝利、松倉信太郎が4度ダウン奪い75kg王者に=試合結果

・【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈、盛り上がった背筋が話題(写真10枚)

・【KNOCK OUT】ぱんちゃん璃奈が豪快KO勝利、カウンターの右ストレートが炸裂

・ぱんちゃん璃奈、デジタル写真集発売で「もうムキムキでグラビア見納め」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連動画

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧