TOP > 試合結果 一覧

【漢塾】RIZIN漢塾塾長・石渡が扇久保との激突で見せた最後の闘志、引退試合で手に汗握る攻防披露

2022/01/23(日)UP

漢塾~継承~実行委員会
『武蔵村山さいとうクリニックPresents石渡伸太郎引退興行 漢塾~継承~』
2022年1月23日(日)東京・ニューピアホール

扇久保と最後の打ち合いを見せる石渡

▼第7試合【おとんばPresents石渡引退記念スペシャルエキシビションマッチ5分2R】
-石渡伸太郎(CAVE)
勝敗なし ※エキシビションのため
-扇久保博正(パラエストラ松戸)

 RIZINでも活躍した元バンタム級キング・オブ・パンクラシスト石渡伸太郎(CAVE)が引退記念のエキシビションマッチを行い、昨年大晦日のRIZINバンタム級ジャパングランプリ優勝の扇久保博正(パラエストラ松戸)と激突する。

   石渡は元パンクラス王者でRIZINでは17年のバンタム級トーナメントで決勝に進出するも堀口恭司に2度目の敗北を喫し優勝を逃した。その後も“バンタム級四天王”の一人として活躍。首のヘルニアで欠場が続き、今年6月のRIZIN東京ドーム大会に2019年の大晦日以来、1年半ぶりの参戦。バンタム級トーナメント1回戦で井上直樹と対戦し、TKO負けを喫し引退を表明していた。

   扇久保とは19年大晦日の『RIZIN.20』で対戦。試合終盤にノーガードの殴り合いを見せるなど、激闘を交わしたが、判定1-2で敗れていた。

   前日計量では、「扇久保選手には『本気でやろう』と伝えました。バチバチの打ち合いはしないと思いますが、『MMAグラップリングガチ勝負』ですね。ケチョンケチョンにしてやります」と石渡は宣言していた。

  会場には斉藤裕とRIZINの榊原信行CEOが来場。「間近で見るのは、これで最後。選手時代も、すごく刺激を受けた選手」と斉藤。「エキシビションでも、二人なら本気でやり合うでしょう」と榊原CEOも期待を込めた。

扇久保はシングルレッグでテイクダウンを狙う

 1R、本番さながらの真剣な表情で登場した二人。打撃は軽くヒットさせる感じだが、扇久保がダブルレッグからテイクダウンにを仕掛けると、石渡はこれに素早く対応。今度は石渡がシングルレッグを仕掛けると、扇久保が反応してイーブンに持ち込んだ。打撃をフルパワーで打ち抜くようなことはなく、また寝技で一本を奪いにいくほどシビアな攻防ではないが、テイクダウン争いは、互いのプライドが垣間見える印象だった。

石渡は足を引っ掛けてテイクダウンを奪った

  2R、軽く打撃を交換した二人。すると扇久保がシングルレッグを仕掛け、これを石渡が反応して潰し、バックに回ってチョークを狙いにいく動きを見せると扇久保が体を入れ替えて立ち上がる。石渡は足を引っ掛けて、扇久保の転倒させて蹴るような動きを見せると会場が沸く。石渡が投げを見舞うと、扇久保はダブルレッグ。抱えて投げてマウントを奪う扇久保。ここから逃げて上からパウンドの動きを見せる石渡。さらに扇久保がバックから石渡を投げ飛ばし、反転した石渡がバックを奪い返すと会場から拍手が巻き起こった。ときおり笑顔が見えるも、最後は打ち合って試合終了。二人の最後の時間が終わった。

健闘を称え合った二人。良きライバルとして日本のMMAを牽引

 笑顔で抱き合う二人。そのまま石渡の引退セレモニーが行われ、扇久保は「アマからスタートした時、石渡さんはスターになる選手だなと思い嫉妬の嵐でした。今日、たくさんのお客さんが会場に来てくれて、スターだなとあらためて思いました。二度、対戦したことを誇りに思います。お互いに弟子を育て、三度目の対決ができる日を楽しみにしています」と語った。

 石渡は「15年の現役生活に終止符を打ち、大みそかで試合を組んでもらえたり、たくさんの方に応援をしていただき、幸せだったなと思いました。こういう場を設けてもらえて、キャリアの中で一番の名誉になりました。これからは指導者として選手を育成し、いろいろなところで自分の思いを届けられるようにがんばります」と挨拶した。

終わればノーサイド。10分間の濃密な時間だった

 試合後のインタビューで石渡は、「錚々たる面々に送り出していただき、身に余る思いでした。おぎちゃんには、負けていなかったでしょう?(笑)。タックルは5、6年できなかったんですが、休んでようやく出せてよかったです」と感想を述べ、扇久保については「彼が自分にジェラシーを持っていたと語っていましたが、自分は彼のことをエリートという目で見ていました。彼は格闘技バカなんで、これからもいい付き合いができると思います」と感謝の言葉が並んだ。大会に出場したCAVEの塾生たちのファイトも賞賛し、未来へ向けての希望を語った。

 扇久保はインタビューで、「難しい試合でしたね。でも最後に空気を感じられて、嬉しかったです。僕たちは堀口恭司選手に二回ずつ負けて、いつか当たるだろうなと思っていた時にRIZINで対戦して、特別な思いで戦いました。最後は打ち合おうかと思っていたんですが、パーで打ってきたんで本気では殴り合うことはしませんでした(笑)」と振り返った。長年のライバルとの決別の試合を終えた扇久保は、「堀口選手と戦いたい思いが大きいですが、海外の選手とも戦いたいです」と次の試合へ向けて準備を始めると語り、会場を後にした。

▶次ページは【フォト】石渡と扇久保の最後の激闘と引退記念写真

●編集部オススメ

・RIZIN漢塾塾長・石渡が最後の大勝負、バンタム級王者・扇久保を「ケチョンケチョンにする」と予告

・【テレビ・配信】1.23『石渡伸太郎引退興行 漢塾 ~継承~』解説にRIZIN榊原CEO、斎藤裕=生中継・配信情報

・RIZIN漢塾“塾長”石渡の魂を継承する次世代ファイターは、誰になるのか?=バンタム級T出場4人のキーマンが計量パス

・【漢塾】前日計量 全員パス=石渡伸太郎引退興行

・【テレビ・配信】1.30『BELLATOR 273』ベイダーvsモルダフスキーのヘビー級タイトルマッチ生中継、配信情報

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る

TOP > 試合結果 一覧