TOP > 試合結果個別

【ONE】フランスのムエタイ戦士サミー・サナ、優勝候補のヨードセングライに勝利

2019/05/17(金)UP

準決勝進出を決めたサミー・サナ

ONE Championship
『ONE:Enter the Dragon』
2019年5月17日(金・現地時間)シンガポール・インドア・スタジアム

▼ONEフェザー級キックボクシング・ワールド・グランプリ 準々決勝
●ヨードセングライ・IWE・フェアテックス(タイ)
判定0-3
◯サミー・サナ(フランス)

 ヨードセングライは3月の日本大会でアンディ・サワーにTKO勝ちした選手。WBCムエタイ世界スーパーウェルター級王座、ルンピニースタジアム認定ウェルター級王座をはじめ計8冠王に輝き、早くから海外を中心に様々な団体で活躍してきた。アグレッシブなファイトスタイルでヨーロッパでも人気を博した選手だ。その戦績はなんと202勝71敗4分。
 そのムエタイの強豪に190cmのフランスのムエタイ戦士サナが挑む。

 試合が始まると身長が20cm高いサナのハイ、ヒザが簡単に届くがヨードセングライはスウェーでかわす。ヨードセングライはインローを打つと嫌がるサナ。
 サナの右ハイがヒットし、続けて左フックを入れるとヨードセングライがダウン。立ち上がろうとするもふらつく。

 2Rもサナがパンチの連打に行くが、ヨードセングライも負けずに打ち合いに出てパンチが当たり始める。サナはヒザ蹴りもボディに突き刺すがサナの攻撃も鈍り始める。

 3R、サナがヒザ蹴りとパンチで攻勢。サナのパンチでふらつくヨードセングライだが耐える。サナの前蹴りもクリーンヒット。 終盤打ち合いになるも判定で勝利したのはサナ。優勝候補のヨードセングライが準々決勝で消えた。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・ヨードセングライがアンディ・サワーにTKO勝ちで11年ぶりのリベンジ

・賞金一億円を手にするのは誰か、 ペトロシアンら出場のキックWGP

・注目の立ち技シリーズ戦が開幕、元K-1王者ペトロシアンは圧勝で初陣飾る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

関連記事

」をもっと見る




TOP > 試合結果個別