TOP > ニュース 一覧

【ONE】賞金一億円を手にするのは誰か、 ペトロシアンら出場のキックWGP

2019/05/16(木)UP

『K-1 WORLD MAX』連覇者ジョルジオ・ペトロシアン(左)も参戦

 ONEチャンピオンシップは今月14日、17日シンガポール・インドアスタジアムにて開催される『ONE:ENTER THE DRAGON』)の公式記者会見をシンガポールのマリーナ・ベイ・サンズにて行った。

 会見で、ONE会長兼CEOのチャトリ・シットヨートン氏(以下、チャトリ氏)は、今大会から開幕するONEフェザー級キックボクシング・ワールド・グランプリのトーナメントの優勝者に100万米ドル(約1億円)の賞金を現金で贈与することを発表した。

 チャトリ氏は自身の公式FACEBOOKで「世界最高のストライカー8人が優勝賞金100万ドルを賭けて競います。史上最高のキックボクシングWGPです。全てのカードが世界王者対決。5月17日のシンガポール大会からトーナメントは開幕します」と発表。

全て世界王者のトーナメント表

 キックボクシング世界トーナメントの優勝賞金が1億円を超えることは、日本とアジアのキックボクシング史上最高額であるとONEは発表する。
 韓国のMMA団体ROADFCはライト級世界王者クォン・アソル(韓国)に勝ったら100万ドル挑戦者決定トーナメントを一昨年7月より開催し、優勝したマンスール・バルナウイ(チュニジア)がいよいよ5月18日にアソルに挑戦し100万ドルが獲得できるか注目されているが、ONEもキックボクシングトーナメントで100万ドルトーナメントを行うことでアジア格闘技界の熱がさらに高まりそうだ。 5月17日は1回戦のみで、決勝戦の開催日・場所は今のところ未定となっている。

K-1王者チンギス・アラゾフ(左)からダウンを奪ったペトロシアン

 ONEフェザー級キックボクシング・ワールド・グランプリは、世界王者のキックボクサー8人によって争われるトーナメント。トーナメント優勝者として大本命の呼び声が高いジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)を筆頭に、ヨドサンクライ・IWE・フェアテックス(タイ)、ペットモラコット・ペッティンティーアカデミー(タイ)、スモーキン・ジョー・ナタウット(タイ)、サミー・サナ(フランス)、ジャバル・アスケロフ(ロシア)、エンリコ・ケール(ドイツ)、サーシャ・モイサ(ウクライナ)が参戦する。
 なお、当初出場が予定されていた元K-1王者のアンディ・サワー(オランダ)とスモーキン・ジョー・ナタウットとの対戦は、ナタウットvsモイサに変更となった。

●編集部オススメ

・【ベラトール】ペトロシアンがダウン奪ってアラゾフ撃破、新旧K-1王者対決を制す

・那須川天心が海外ジムとペトロシアンに大きな刺激受ける

・【ONE】注目の立ち技シリーズ戦が開幕、元K-1王者ペトロシアンは圧勝で初陣飾る

・【ROAD FC】100万ドル世界トーナメント前日会見が大荒れ

・下石康太が一本負け、決勝進出ならず=100万ドル世界トーナメント

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧