TOP > 試合結果個別

【KNOCK OUT】白幡裕星が芸術的な縦ヒジで鈴木貫太をTKOで下す

2022/07/23(土)UP

白幡(左)はパンチで攻めてヒジ打ちで鈴木(右)からTKO勝ち

株式会社 Def Fellow
『KNOCK OUT 2022 vol.4』
 2022年7月23日(土)東京・後楽園ホール

▼第4試合 KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級 3分3R・延長1R
〇白幡裕星(Battle-Box)
TKO 2R 2分22秒 ※レフェリーストップ
●鈴木貫太(ONE’S GOAL)

 KNOCK OUT-REDスーパーバンタム級は、白幡裕星と鈴木貫太が激突。白幡は、今年3月の『RIZIN LANDMARK vol.2』で吉成名高と対戦し、2R KO負けを喫したが、「世界最高峰の吉成選手と対戦して、自分の出せる技はすべて出しました。この経験を今回の試合で活かしたい」と話している。

鈴木(左)は蹴りで応戦したが白幡に敗北

 対する鈴木は、「白幡選手はとても強くて、自分よりも実績が上ですが逆に大きなチャンス。ここで勝って、自分の地位を大きく変えます」と気合いが入っており、白幡との試合はバチバチの展開に発展することだろう。

  1R、サウスポー構えの白幡は左ローキック、左ハイキックで揺さぶりをかける。さらに左ミドルキックで腕を狙い、いいスタートを切る。鈴木も負けずにローキック、スーパーマンパンチで入るなど反撃した。

 2R、前へ出る白幡に鈴木は左ストレートをヒット。だが白幡も左ストレートをヒットすると、さらに前へ出て左の縦ヒジを直撃。鼻血を出していた鈴木は、さらに右目上を負傷してドクターストップ。白幡のTKO勝ちが決まった。

勝利を収めた白幡は、自分の扱いに不満を口にした

 白幡は「ちょっと言いたいことあるんですけど、試合順とかポスターとかの扱いにムカムカしていました。でも、過去の自分に満足してもしょうがないので、練習に打ち込んできました。
 KNOCK OUTからRIZINに出ている選手はたくさんいるんですけど、全選手負けてしまいました。僕も3月に負けてしまっています。RIZINでノックアウトしたいです。そして、KNOCK OUT初の3階級制覇します」と挨拶した。

※全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】梅野源治、マッスルボディで計量パス!元自衛隊員・大谷翔司に「ヒジでザクザクに斬る」=7.23

・【KNOCK OUT】渡部太基、”天心vs武尊”後のキック界に「刺激が強いのをぶっ込む」良太郎「意地と意地がぶつかり合う試合に」

・【テレビ・配信】7.23『KNOCK OUT』梅野源治vs大谷翔司など、ゲスト解説にぱんちゃん璃奈=生中継・配信情報

・ぱんちゃん璃奈「一緒にお風呂に入っているような雰囲気を味わえます」1st写真集の見どころ語る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

こんな記事も読まれています

関連記事

」をもっと見る
こんな記事も読まれています
●新着情報

TOP > 試合結果個別