TOP > ニュース

【K-1】日菜太「今年もう1試合やって王者アラゾフとやりたい」

2017/09/19(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

腫れた顔が激戦を物語る

 9月18日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて開催された『K-1 WORLD GP 2017 JAPAN~初代ウェルター級王座決定トーナメント~』の一夜明け会見が、19日(火)都内にて行われた。

 初来日のWAKOヨーロッパ王者セルジオ・サンチェス(スペイン)を判定で下したREBELS 70kg級王者・日菜太(クロスポイント吉祥寺)は、「こんな顔で来て、負けたような顔をしているんですが、最低限勝つことが出来てよかった。これもバッティングで左目が腫れているんです」と、痛々しい顔で会見に出席。

「(バッティングで)切れてしまった時は感じなかったけれど、後で試合の写真を見たら大流血戦で、こんなんだったんだと思いました。でも6針縫ったんですが、意外にあまり痛くなかったです。試合の攻撃の方が痛かった」と、試合中に影響はあまりなかったようだ。

 サンチェスについては、「サンチェスが強い無名の強豪だった。試合をしてビックリするくらい強かったです。3Rの最後にKOチャンスがあったのに出来なかったのが今後の課題だと思います。サンチェスは圧力があって前に出る力が強くて、僕もウェイトトレーニングをやって外国人に押し負けないように身体を作ったけれど、それでも押されてしまった。フィジカル面で凄くいい選手だと、他の日本人には勝てない外国人だと思いました」と、サンチェスの強さを評した。

 次戦に関しては「今年もう1試合やってアラゾフとやりたい。次はKOで勝つのが目標。(主催者から)出された相手とやって勝つのが(挑戦への)第一条件だと思う。男は30歳からだと思っているので、身体も動くし気持ちものっているし、倒して勝ってみんなに認めてもらいたい。これからの俺のラスト・ストーリーを見てもらいたいと思います」と、2018年3月3月21日(水・祝)に開催されるさいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ大会にてK-1スーパー・ウェルター級王者チンギス・アラゾフ(ベラルーシ)に挑戦したいとのアツい気持ちを語った。

「初防衛戦はいつでも出来る」と話した武居

 また、英雄伝説世界-57kg級王者・伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)を3RでKOした、K-1スーパー・バンタム級王者の武居由樹(POWER OF DREAM)も会見に出席。

「昨日はチャンピオンになってから初めての試合で、KOで勝ててよかったです。伊澤選手は予想通りローキックで来たなって感じですが、思ったよりローのダメージがなかったです。自分の動きが止まっていたらローでやられていたと思うので、戦略通りに出来たと思います。しっかり4月よりもパワーをつけられたと感じました」と試合を振り返った。

武居(右)の強烈なボディブロー

 次戦については「ダメージがそんなにないので、出来たらすぐにでもやれればと思います。いつでも防衛戦をやってと言われればやります」と、いつでもいいと意欲を示す。

 また、3月のメインアリーナ大会については「さいたまスーパーアリーナでの試合は初めてだったのでプレッシャーがあったけれど、それを力に変えられた。またさいたまでやりたいと感じました。3月はチャンピオンがたくさん出ると思いますが、僕がその中でも試合で一番目立ちたいと思います。一番いいKOで勝ちたいと思います」と話した。

●編集部オススメ記事
日菜太、難敵サンチェスに苦戦の勝利
若き王者・武居、英雄伝説王者・伊澤に圧勝

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース