TOP > ニュース

【ボクシング】エンダム、村田に「勝つ自信1000%、フルラウンド戦える力をつけて来い」

2017/10/17(火)UP

強烈なパンチ力を見せたエンダム

 10月22日(日)東京・両国国技館で行われるボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチで村田諒太(31=帝拳)とダイレクトリマッチを行う王者アッサン・エンダム(33=フランス)の公開練習が、17日(火)都内ジムにて行われた。

 練習前に会見に応じたエンダムは「コンディションはとてもいい。トレーニングキャンプが良く終われたので、それを継続してきている」と言い、トレーナーも「最高のコンディション」と明言した。

会見時、カメラに向かってパンチポーズ

 これまで何度か再戦を経験しているエンダムに今回の再戦について聞くと「再戦はスパーリングパートナーに初めて会って、そのパートナーに慣れていくという段階に似ていると思う。初めて拳を合わせる時、スパーリングパートナーでもわからないことが多く、探り探りになる。しかし、再戦、スパーリングパートナーとの日々を重ねることで、相手を理解できる。なので、今回は相手を理解した上で、戦うことができるのは私にとっては有利になると思う。彼も万全なコンディションでこの試合に挑んで欲しい」と、前回(5月20日)の戦いがある分、戦いやすいとした。

前回は4Rにダウンを喫したエンダム

 前回、4R目に村田からダウンを奪われたことに対して「逆に4R目に倒されたというあの経験があるからこそ、もう打たれないという自信がある」と前回対戦から対策もしてきたようだ。

 村田サイドが完全決着をすると言っていることに関して「村田にはもちろん12ラウンド、フルラウンド戦えるだけの力をつけてくること、そしてもし12ラウンドいく前にどちらかが倒れるとしたらそれはお前だと、村田選手に伝えたい」と自信満々。

サンドバッグに顔面のミットを巻き、それを狙ってパンチを連打

 その勝つ自信は何%かを聞くと「1000%の自信を持ってこの試合に挑む」とし、勝ったら「サムライは勝ったら万歳と言うと聞く、だから、このリングに上がったアフリカンサムライ、万歳を自分が言うことになる」と必勝宣言をした。

 村田に対し、エンダムが言う「フルラウンド戦えるだけの力をつけてくること」とは前回、村田がほとんど手を出さなかった1〜3Rなどのラウンドを言っているのか。

ショートアッパーも鋭い

 ボクシングルールとして、クリーンヒットはなくとも、アグレッシブさや、リングジェネラルシップ(どちらが主導権を握っていたか)かも採点基準となる。防戦一方で、顔面にヒットしなくてもガードに何発も当てられることでポイントとして取られることや、ダウンをとっても、相手の方が他のラウンドが手数や主導権が上だと見なされることで結果、逆転されることもある。果たして前回の対戦から今回の村田の作戦はどうか。そしてエンダムの1000%の自信の根拠はどこにあるのか。

 エンダムは公開練習で軽快な動きでシャドウ、サンドバッグ、ミット、サーキットトレーニングをこなし試合に備えた。アフリカンの独特のバネと強烈なパンチの連打は調子の良さをアピールした。

●編集部オススメ
・王者エンダムに臨む村田諒太が公開練習 「チャンスは逃がさない」
・村田に勝ったエンダム、判定について語る

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース