TOP > ニュース

【Krush】王者ピケオーの防衛戦の相手は山内佑太郎

2017/11/14(火)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

Krush-70kgタイトル挑戦が決定した山内佑太郎

 2018年1月27日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.84』の記者会見が11月14日(火)都内にて行われ、第一弾対戦カードが発表された。

 Krush-70kgタイトルマッチで王者ジョーダン・ピケオー(オランダ)に山内佑太郎(HALEO TOP TEAM)が挑戦することが決定した。

 山内は2011年7月16日(健太戦)、2013年8月11日(城戸康裕戦)、2015年10月4日(中島弘貴戦)とこれまでに3度Krush王座に挑戦してきたが、いずれも敗退。中島戦以降は戦線離脱し、今年9月の小鉄戦で復帰し判定勝ちを収めた。

 宮田充K-1&Krushプロデューサーは「もしかしたらピケオーを倒せるんじゃかいかと、この前の小鉄戦で感じるものがあった。この一発にかけるところを見てほしい」と山内を挑戦者に抜擢した理由を語る。

 今回4度目のタイトル挑戦が決定した山内は「この話を聞いたときに復帰2戦目でチャンスをいただけてビックリしました。と同時に、遂に来たなと。2011年に健太選手に負けてずっと欲しいと思っていたベルト。1月25日に誕生日で2日後にタイトルマッチなのでここで獲ったらかっこいい。色々な想いを乗せて戦いたい」と意気込みを語る。

2年ぶりの復帰戦で判定勝利した山内

 ピケオーについては「とにかく強い。手足が長くてパワフル、アグレッシブで穴がない選手」と警戒。試合時には40歳となる山内だが「若い人には敵わないが、経験をどう自分の戦いに変化させていくか。ある意味、今が一番強いので全力を出して挑戦したい」と自信を見せる。

「9割9分、山内は無理だろと思う人はいると思うけど、そういう試合を今までやってきました。奇跡的に勝った試合もあり、ヒヤヒヤしながら見てほしい」と語った。

●編集部オススメ
・健太が山内佑太郎を下して70kg王者に!
・約1年2カ月ぶりの歓喜!山内が逆転勝ちでドラゴ戦に弾みをつける

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース