TOP > ニュース

【UFC】キン肉マンとコラボ実現、ファイターもファン

2017/11/16(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

世界最大のMMA団体であるUFCと日本を代表する人気マンガのキン肉マンが夢のコラボ

 世界最大のMMA(総合格闘技)プロモーションである『UFC』と日本を代表する大人気ヒーローマンガ『キン肉マン』のコラボ企画が発表された。

 キン肉マンは1979年から1987年まで『週刊少年ジャンプ』にて連載され、2011年から24年ぶりに連載が再開された大人気マンガ。そのキン肉マンとUFCがコラボレートし、LINEスタンプ「UFC×キン肉マン」が実現した。これは11月25日(土・現地時間)中国・上海で行われる初のUFCイベント『UFCファイトナイト:上海』の開催を記念してのもの。11月19日(日)より、UFC公式LINEスタンプとして登場する。

2008年大みそかの『Dynamite!!』にはキン肉万太郎が登場・ボブ・サップと対戦した

 アニメ化や映画化など関連作品も多く、シリーズ累計で7,500万部以上を誇る『キン肉マン』は戦いを通して生まれる友情をパワーにし、勝利を目指して努力を重ねていくドジで間抜けな落ちこぼれヒーロー、キン肉マンの成長していく姿が描かれた作品。

「キン肉マンをはじめ、個性的な超人たちが難敵を相手に懸命に立ち向かっていく姿は総合格闘技界の最高峰オクタゴンで戦うファイターと通ずるものがあります。頂点を極めた偉大な王者たちはもちろん、王座を目指す多くのUFCファイターも超人格闘界最強の男を目指すキン肉マンのように、より強くなるために家族や仲間と支え合いながら日々のトレーニングに励んでいます」(プレスリリースより)

キン肉マンの作画担当・ゆでたまご中井義則氏の息子・光義はパンクラスやZSTに参戦していた

 今回のコラボレーション実現にあたり、長年のUFCファンでもある『キン肉マン』作者、ゆでたまご嶋田こと嶋田隆司氏は「UFCは取材を兼ねて日本大会はもちろんアメリカに何度も観戦に行き、楽しんでいますのでコラボが実現するのはとても光栄です。キン肉マンに出てきそうな超人たちが魅せる世界最高峰の闘いにぜひ注目してください」とコメント。

 また、UFCアジア太平洋地域統括責任者のケビン・チャン氏は「日本で大人気のキン肉マンとコラボレーションすることになり、光栄に思います。UFCファイターやファンの多くも“キン肉マン”の大ファンです。LINEを通じてUFCとキン肉マンのコラボレーションをファンの皆さまに楽しんで頂けることを嬉しく思います」と語った。

・ボブ・サップとリアル・キン肉万太郎が対戦(2008年大みそか)

●編集部オススメ
・2008年大みそかではボブ・サップとリアル・キン肉万太郎が対戦
・キン肉マンそっくり!?作者の息子がデビュー

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース