TOP > ニュース

【シュートボクシング】進化する王者・深田一樹が自信「勝って当然」

2017/11/18(土)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

SB日本フェザー級王者・深田一樹

 11月22日(水)東京ドームシティホールにて開催される『-SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT-GROUND ZERO TOKYO 2017』に出場するSB日本フェザー級王者・深田一樹(龍生塾ファントム道場)の試合直前インタビューが、主催者を通して発表された。

 6月のSB日本フェザー級タイトルマッチではSB日本スーパーバンタム級王者・内藤大樹からダウンを奪った上で判定勝ち、防衛に成功した深田は「うまい選手だとはわかっていながらも圧倒するつもりでしたが、結構うまさを見せられました。タイトル防衛できたことよりも悔しさの方が大きかったです」と猛反省。

 今回対戦するSB日本フェザー級1位・笠原弘希(シーザージム)は9月のPhoenixx 祥梧戦ではKO勝ちし4連勝と勢いに乗っているが、「普通にやれば負けない相手だと思います。GROUND ZEROという大きな大会に出させてもらえるのはありがたいのですが、今彼とやっても僕にはメリットはないですし、勝って当然の相手。なので全く美味しくない相手です。相手はタイトルマッチでも良かったと言っているみたいですが、まだまだ早い。笠原選手はランキング1位にいるとはいえ、今回ノンタイトルマッチで良かったと思います」と余裕のコメント。

6月の防衛戦ではパンチでダウンを奪った深田

「シーザー武志会長は、もし今回笠原がいい勝ち方をすれば来年2月にタイトルマッチを組みたいとコメントしているとのことですが、タイトルマッチやらせたいと言われないような内容になると思います。圧倒的な差を見せ付けて最後に倒して勝ちます」と圧勝を予告する。

 現在30歳、キャリアも30戦近い深田だが、「衰えてきたという気持ちもないですし、まだまだ強くなっている実感はあります。これからはKOではなく、テクニック面、引き出しの多さ、ディフェンスのうまさを見せていきたいと思います」とさらに進化した姿を見せていきたいとした。

●編集部オススメ
・4連勝中のSB新星・笠原弘希、王者・深田一樹と対戦
・海人のヒジ再び炸裂!宮越慶二郎をTKOで下す


【大会・チケット情報】 11・22 シュートボクシング協会「-SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT-GROUND ZERO TOKYO 2017」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース