TOP > ニュース

【Krush】女王ヘウヘスが防衛に自信「次の相手が楽しみ」とニヤリ

2017/12/06(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

公開練習で力強い右ミドルを繰り出すヘウヘス(左)

 12月9日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.83』に出場するメロニー・ヘウヘス(オランダ)の公開練習が6日(水)都内にて行われた。ヘウヘスはメインイベントのKrush女子-50kgタイトルマッチで前王者KANA(シルバーウルフ)を挑戦者に迎えて2度目の防衛戦を行う。

 この日の公開練習では2分1Rのミット打ちを披露しただけのヘウヘスだが、オーソドックスの構えから左フック、右ミドルとスピーディーかつ力強いコンビネーションを見せ、好調ぶりを伺わせた。

 1月15日のKANAからベルトを奪って以降、ヘウヘスはキックとMMAでそれぞれ1試合ずつこなしており、「しっかりと試合後には休息を取って今日のために準備をしてきた」と試合間隔も問題ないようだ。

 年内にKANAと再戦することについては「現状のKrushではKANA以外に私と戦える選手はいないので彼女が挑戦者に抜擢されたことは理解できること」といい、「チャンピオンの座を譲る気はないので次の3度目の防衛戦ではKrushがどんな相手を用意してくれるのかが楽しみ」とニヤリ。

 今回のKANA戦の後には、来年1月にMMA、その3週間後にはヒジありルールでムエタイの試合がすでに決まっているという。「私の将来的なビジョンとしてはUFC、グローリーで試合をすること。日本が凄く好きで、Krushも大好きな団体なので、誰にもこのベルトを渡すつもりはない。UFC、グローリーに上がれば、当然Krushの看板を背負って出ます」とKrush愛を語る。

 最後に「試合を楽しみにしているファンはKANAが負けることでガッカリすることになるかもしれないが、いい試合を期待して下さい」とファンにメッセージすると共に、王座防衛に自信を見せていた。

●編集部オススメ
・KANA、王座奪回に自信「しっかり倒してベルトを巻く」
・KANA、オランダのヘウヘスに2度のダウン奪われ初黒星&王座陥落

【大会・チケット情報】 12・9 Krush実行委員会「Krush.83」

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース