TOP > ニュース

【ライフ】元DEEP王者・池本誠知が格闘スポーツを学べる高校開設

2017/12/15(金)UP

eFightの「DEEP」特集
菊野克紀の三日月蹴り講座、青木真也vs今成正和、北岡悟のテクニック講座、長南亮インタビュー、佐伯代表が読者の質問に答える、アッカ、誠悟、羅頭魔勢のスパーリング映像など、もあり

現在の池本氏

 元DEEP王者、池本誠知氏(42)が格闘スポーツを学びながら高校卒業資格が取れる『STYLE高等学院』を来年(18年)4月に大阪市福島区に開校する。
 格闘スポーツとは、格闘技とその競技を指す。

 学校法人みつ朝日学園と教育提携する通信制の高校となるが、週に1度スクーリングがある。格闘スポーツコースとして入学し、格闘スポーツ理論、トレーニング方法、格闘スポーツの実技を行うが、オプションで英会話専攻コース、トレーナー専攻コースがあり、将来英語を生かしたい人やトレーナーになりたい人にも学習の場を与える。
 高校での格闘技の実技以上に格闘技を学びたい人はクラブ活動として池本氏のジム「総合格闘技スタジオSTYLE」に所属し日々のトレーニングを積むことができる。成績・アマチュア大会などで結果を残していけば、在籍中にプロ格闘家としてデビューすることも夢ではないという。
 
 池本氏は「高校卒業に必要な74単位とは別に格闘スポーツとして20単位取れます。ムエタイ、ボクシング、修斗、プロレスラーなどで活躍する16名の当ジムのインストラクターが各格闘技の理論と実技を教え、格闘技の試合に出る生徒、サポートし応援する生徒なども実地として単位になります」と、”格闘スポーツ”という分野で単位が認められると話した。格闘スポーツ以外の教科ではレポート提出、スクーリング、テストで単位を取得。3年間で74単位以上取れば、全日制と同じ高校卒業資格の取得となる。

 池本氏は大阪府出身で17歳で格闘技ジムに入門し、修斗で活躍後、PRIDEやK-1にも参戦、08年には長谷川秀彦を破ってDEEPウェルター級王者になった。

2013年4月の引退試合で長南亮にパンチを入れる池本氏(右)

 13年4月のDEEP大阪大会での長南亮との試合を最後に現役引退したが、引退後は、自らがプロ格闘家として経験してきた肉体作り、減量(ダイエット)法、メンタル・コンディショニングなどを、「キックボクシング・パーソナル」を通じて一般の人に指導し、格闘家の雇用もしてきた。

 池本氏が開校を決意した動機は「今の若者達は、無限の可能性があるのに、『頑張ること』、 『壁を乗り越えること』、『上を目指す向上心』、『何事もあきらめずにやりぬくこと』などを学んできていないし、学ぶ場が少ない。そういう世の中に危機感を感じました。さらには、社会に出た時に仕事が出来るのは大切ですが、『人としてどうあるべきか?』ということが一番大切ではないかと思うようになりました」と気骨で人としてのあり方がわかる人間育成の重要性からであると話した。

 「格闘技やスポーツに関わる仕事をしたい」人や「プロ格闘家として活躍したい」、「パーソナルトレーナー になりたい」人はもちろん、ひきこもり解決対策などにも、最適な学校になるという。 

【入学ほか問い合わせ】
STYLE高等学院 http://kickfit.jp/school/
大阪福島本校 (西梅田駅より徒歩15分)
〒553-0003 大阪市福島区福島2-10-11 秋元ビル1F
お問合せ:Tel. 06-4300-5546 

●編集部オススメ

・【DEEP】池本誠知ラストマッチで、長南が激戦を制す

・【DEEP JEWELS】アイドル川村虹花が目指すはRIZIN

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの「DEEP」特集
菊野克紀の三日月蹴り講座、青木真也vs今成正和、北岡悟のテクニック講座、長南亮インタビュー、佐伯代表が読者の質問に答える、アッカ、誠悟、羅頭魔勢のスパーリング映像など、もあり

新着情報




TOP > ニュース