TOP > ニュース

【巌流島】噂のロシア武術システマの使い手「パンチは当たらない」

2017/12/18(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

「システマ」として巌流島に初参戦を果たすアキラ

 2018年1月3日(水)千葉・舞浜アンフィシアターにて開催される『巌流島 OUT ENEMY 2018 in MAIHAMA-謹賀新年、宿敵同士の果たし合い-』で、左禅丸(44=日本拳法/日本)と対戦するアキラ・シット・レック(35=システマ/日本)のコメントが主催者を通じて届いた。

 日本でも最近話題となっている旧ソビエト連邦が生み、現在でもロシアの軍隊が採用している神秘の武術「システマ」。その使い手としてアキラが巌流島に初参戦を果たす。

「ルールが他と違い、スポーツよりも武道寄りで、自分が持っている技術を試せる場だと思ったのがきっかけです。自由に動ける部分が多いと思いました。ただ、やはりそれでもルールです。引き込んだり、引き込まれたりの寝技のときに、自分は一対一しか想定していなかったんだなと後で思いました。システマにはスポーツ格闘技と違って、体格差や力を凌駕する理念があると思い、僕も探求している最中です」と、巌流島に参戦した理由を語るアキラ。

巌流島トライアウトで勝利し、本戦出場を決めたアキラ(左)

 意外なことに「システマを人に習ったのは初めの何回かで、その後の5年くらいは自分で覚えた技術を素人にやらせて、より体の大きい自分に素人が技をかけられるか検証しています。そこで検証し終えたものを、今度は自分が出稽古の場で出来るか試しています。自分は他流派のすべてを想定しています。システマ内の戦いだと、システマを使える者同士の技の鍛錬になってしまいますよね。それが他で通用するか、というところが大事かなと思います」と、独自に技を磨いて来たのだという。

 システマとはどういう格闘技なのか、アキラは「人を倒すというよりは、人を制する技術というところですかね。基本は護身なので、近い距離でも遠い距離でも、相手の攻撃はもらわないです。それが全てです。先の先(せんのせん)をとったり、後の先(ごのせん)をとったり。ディフェンスからの攻撃が得意ですし、そこを見て欲しいですね」と説明した。

 また、対戦する日本拳法の左の印象については「相手の方はサウスポーということで、左のストレートが強いと思うんですけど、自分には当たらないと思いますよ」と絶対的な自信をうかがわせた。


【大会・チケット情報】 1・3 巌流島実行委員会「巌流島 OUT ENEMY 2018 in MAIHAMA-謹賀新年、宿敵同士の果たし合い-」

●編集部オススメ

・日本拳法・左の必殺技はあの「波動拳」

・話題の軍隊格闘術システマが初登場

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース