TOP > ニュース

【DEEP】進退も考えた長谷川賢が復帰戦

2018/01/11(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

長谷川(左)が再起、林(右)と対戦する

 2月24日(土)東京・ディファ有明で開催される『DEEP 82 IMPACT』の追加対戦カードが発表された。元DEEPメガトン級王者・長谷川賢(フリー)が林源平(和術慧舟會IGGY HAND’S GYM)を相手に復帰戦を行う。

 長谷川は2015年大みそかのRIZINで敗れるまで、13連勝(1引き分けを挟む)を飾り、日本重量級期待のホープとして注目された。しかし昨年7月、DEEPウェルター級GP決勝戦/第9代ウェルター級王者決定戦で住村竜市朗(フリー)に敗れてタイトル獲得ならず。試合後には「今後どうするかは少し考えます」と進退を考えると語っていたが、今回7カ月ぶりに再始動する。

 対する林はパンクラスのランカーとして活躍した181㎝の長身でブンブンと振り回す左右フックが武器のストライカー(打撃主体の選手)。DEEPには昨年9月から参戦し、今大会でDEEPミドル級王座決定戦を争う水野竜也を相手に善戦した。

 長谷川が再び世界を目指すステップとなるのか、それとも林が強打で長谷川を打ち砕くのか。

再び王座へ向けて始動する石司(左)は城田(右)と対戦

 また、昨年はDEEPバンタム級王座とフェザー級王座の2階級でタイトルマッチを経験するも、いずれも王座獲得はならなかった石司晃一 (フリー)が城田和秀(NEXUSENSE)と対戦。石司は鋭いパンチ&ヒザ蹴りとスピードが持ち味で、RIZINバンタム級トーナメントで活躍した大塚隆史と判定3-2の大接戦を繰り広げている。対する城田は元ZST暫定王者・坂巻魁斗を破り、RIZINグラップリング(組み技限定ルール)トーナメントでも優勝を果たした。今後のバンタム級戦線を占う一戦だ。

<決定対戦カード>

▼DEEPミドル級
長谷川賢(フリー)
vs
林 源平(和術慧舟會IGGY HAND’S GYM)

▼DEEPバンタム級
石司晃一 (フリー)
vs
城田和秀(NEXUSENSE)

●編集部オススメ

・ダークホース住村が長谷川を破りGP優勝、新王者に

・大塚が最強挑戦者・石司に大接戦の末勝つ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース