TOP > ニュース

【KNOCK OUT】石井一成の相手はタイで人気のおネエボクサー

2018/01/12(金)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

タイで人気のおネエボクサー・ノンロス(右)が初来日を果たす。迎え撃つは石井(左)

 2月12日(月・祝)東京・大田区総合体育館にて開催される『KNOCK OUT FIRST IMPACT』の追加対戦カードが発表された。

 元True4Uフライ級王者・石井一成(19=東京KBA)が、異色の相手を迎え撃つ。いまタイで人気と話題を集めている“おネエボクサー”ノンロス・バーンジャロンスック(21=タイ)との対戦が決定した。

 今回が初来日となるノンロスは、かつて“オカマボクサー”として日本でも人気を博したパリンヤー以来となる、物心ついた時から体と心の性が一致しない、いわゆるトランスジェンダー。8歳の頃からムエタイを始め、その頃からの戦績を合わせると300戦以上を経験していると言われている。

筋肉質の身体にスポーツブラを着用してリングにあがるノンロス(写真提供=ムエタイスーパーファイト)

 タイのテレビマッチで活躍し、タイトルを獲るとメジャースタジアムであるラジャダムナンスタジアムへの登場を果たす。化粧を施しスポーツブラを着用した姿からはかけ離れた、パンチ・ヒジを多用する荒々しいファイトスタイルで連勝を重ね、ラジャダムナンスタジアム認定フライ級6位にランクイン。これは相当な実力がないと入れないランクだ。

 対する石井はタイを主戦場とし、日本ではKNOCK OUTでのみ試合を行っている若手期待の選手。ジュニア時代から活躍しているため、“東の神童”那須川天心に対して“西の神童”と称される。昨年6月のKNOCK OUTでNJKFフライ級王者・能登龍也に初回TKO負けを喫したが、同年12月大会で判定勝ちしリベンジを果たした。

 ノンロスはおネエとはいえムエタイの殿堂ラジャダムナンのランカー。ムエタイを知り尽くしている石井にとってもかなりの強敵となるだろう。

<決定対戦カード>
石井一成(東京KBA/元True4Uフライ級王者、Phumpanmuangミニフライ級王者
vs
ノンロス・バーンジャロンスック(タイ/ソムロス・ポルチャロエン/ラジャダムナンスタジアム認定フライ級6位)

●編集部オススメ

・いまタイではオカマボクサーが大人気=ノンロス詳細

・石井が能登にリベンジ成功

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース