TOP > ニュース

【シュートボクシング】MIOとMISAKIがタイトルマッチで激突

2018/01/17(水)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

急成長を遂げたMISAKI(右)の挑戦をMIO(左)が受ける。1年8カ月ぶりの再戦

 2月10日(土)東京・後楽園ホールにて開催されるシリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2018 act.1』の追加対戦カードが発表された。

 シュートボクシング日本女子ミニマム級王者MIO(シーザージム)が、同級1位MISAKI(GSB)の挑戦を受けての初防衛戦を行うことが決定。両者は2016年6月の浅草花やしき大会で対戦しMIOが判定勝利したものの、プロ3戦目のMISAKIはフルラウンド攻め続けるファイトスタイルでMIOを追い込む場面を作るなど大善戦。

2016年6月の初対決。MISAKIはまだ3戦目ながらMIOを相手に善戦した

 その後、MISAKIは憧れの存在MIOの背中を追いかけ猛練習に励み、昨年にはJ-GIRLSミニフライ級王座決定トーナメントで一回戦で元王者・紅絹、決勝戦で寺山日葵を破り念願のタイトル獲得を果たした。フルラウンド手数を出して攻め続けるファイトスタイルは、対戦相手のスタミナを奪いペースを乱す。

 迎え撃つMIOも勢いは止まることなく、2016年11月にはMISAKIの先輩にあたるUnion朱里との激闘を制し、SB日本女子ミニマム級王座を奪取。 昨年12月のSB香港大会では地元の強豪・胡凱欣とのタイトル戦を制し、Energy Fight×Shoot Boxing48kg級王座を獲得した。現在19連勝中。

 ポストRENAを決める22歳のMIOと21歳のMISAKIの対決。7月に開催が決定している『Girls S-cup 2018』で予定される48kg以下級世界トーナメントの行方を占う一戦でもある。約1年8カ月ぶりの再戦で勝利するのはどっちだ。

<追加対戦カード>

▼SB日本女子ミニマム級タイトルマッチ(48.0kg) エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R
MIO(シーザージム/SB日本女子ミニマム級王者、Energy Fight×Shoot Boxing2017王者)
vs
MISAKI(GSB/SB日本女子ミニマム級1位、J-GIRLSミニフライ級王者/挑戦者)

【大会・チケット情報】 2・10 シュートボクシング協会「SHOOT BOXING 2018 act.1」

●編集部オススメ

・MIO初の世界制覇なるか、48kg世界トーナメント初開催

・無敗の女子高生破りMISAKIがJ-GIRLS新王者に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース