TOP > ニュース

【Krush】王座返り咲きを目指す牧平圭太、先輩・山内佑太郎と2人で王者に

2018/01/18(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

得意の蹴りをミットに叩き込む牧平。王座返り咲きなるか

 2月12日(月・祝)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.85』で、第5代Krush -67kg王者・塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ)に挑戦する第3代同王者・牧平圭太(HALEO TOP TEAM)の公開練習が1月18日(木)都内にて行われた。

 2分1Rのシャドーボクシングとミット打ちを行った牧平は「前回の試合が終わったあとも集中が切れることなく、大先輩の山内(佑太郎)さんが1月にタイトルマッチ(vsジョーダン・ピケオー)なので一緒に追い込みが出来ています」と、継続して追い込んだトレーニングが出来ているという。

「山内さんは全日本キック時代からの先輩で、今も格闘技をやれているのは山内さんがいるからで、それは間違いないです。(山内は『2人でチャンピオンになって飲みに行きたい』と言っていたが)そういう人と2人でKrushのチャンピオンになって、一緒に笑い合って飲みたいですね。

 山内さんは絶対に酒は飲まないっていう、そのくらい厳しい先輩なんですけど、だからこそかっこいいと思うし、僕はあの人のかっこよさにも惚れているので、チャンピオンになったら一緒に飲みたいです。ここは2人とも勝負で、2人で絶対にチャンピオンになると約束しました。山内さんが1月に絶対にチャンピオンになるので、絶対に自分も続いてチャンピオンになりたいと思います」と2人してKrush王座に就きたいと話す。

1月大会でKrush -70kg王座に挑む山内(左)。2人でそろって王座に就くことが出来るか

 王者・塚越については「強いチャンピオンだと思います。自分の武器と言ったらハートと人よりもちょっと強い身体だと思うので、そこで負けたら絶対には勝てない。僕が勝つには心しかないかなと思います」と、ハートの勝負を挑むつもりだ。

「今の自分があるのは応援している人たち、チームのみなさん、そして家族がいてこそです。感謝を込めて全てをぶつけてベルトを獲ります」と、牧平は王座返り咲きに意気込んだ。

【大会・チケット情報】 2・12 グッドルーザー「Krush.85」

●編集部オススメ

・塚越vs牧平のタイトル戦が決定、両者とも厳しい戦いを予想

・王座挑戦前に40歳を迎える山内、ベテランらしさで勝負

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース