TOP > ニュース

【QUINTET】桜庭和志が4・11両国国技館で新格闘技イベント旗揚げ、海外開催も

2018/02/01(木)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

記者会見で新プロ格闘技イベントの概要を発表した桜庭

 4月11日(水)東京・両国国技館で開催される桜庭和志プロデュースの新格闘技イベント『QUINTET.1ーGrappling Team Survival Match-』(クインテット)の記者会見が、2月1日(木)都内にて行われた。

 試合は全ての打撃を禁止した組み技限定のグラップリングルールで行われ、1チーム5人によるチーム対抗勝ち抜き戦がトーナメントで行われる。コスチュームは柔術衣ではなくラッシュガードとハーフパンツを着用。1チームの総体重は420~430kg以内で、重量級と軽量級の対戦もあり得る。

 試合時間は10分一本勝負だが、体重差が20kg以上の場合は5分一本勝負となる。決着は絞め・関節技による一本のみで決せられ、判定はなく、一本決着がない場合は引き分け。大将戦が引き分けとなった場合は延長戦となり、両チームの代表同士が戦う(延長戦は無制限か判定をつけるかは協議中)。ポイント制はないが、お互いが攻撃し合う戦いにするため消極的な選手には注意や警告などが与えられる(3回で失格などを検討中)。

桜庭は所英男(左)、マルコス・ソウザ(右)、中村大介(右から2人目)、ジョシュ・バーネット(会見は欠席)とチームを結成

 ルールの詳細はまだ協議中だが、トーナメントのため選手の怪我を極力防ぐためにヒールホールドは危険が大きいため禁止。また膠着状態を誘発しやすいクロスガード(両足で相手の胴を挟み込む)は時間制限が設けられる予定。優勝したチームには賞金などが贈呈される予定だ。

 大会は今回の日本大会を皮切りに年3回を予定しており、次回以降はフランス(ロンドン)とアメリカ(ロスアンゼルスかラスベガス)での開催を準備中。プロ大会だけでなくアマチュア大会も拡大していく。

ラバーランド
「QUINTET.1ーGrappling Team Survival Match-」
2018年4月11日(水)東京・両国国技館
開場17:30(予定) 開始18:30(予定)

<チケット料金>
マスVIP席39,000円(特典付き)
マスSS席15,000円 マスS席12,000円
マスA席10,000円 マスB席7,000円
2階指定A席6,000円 2階自由席4,000円

<チケット販売>
2月中旬予定

●編集部オススメ

・桜庭和志がプロ格闘技イベント旗揚げ

・【UFC】桜庭和志が日本人初の名誉の殿堂入り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース