TOP > ニュース

【RISE】瀧谷渉太が初参戦、ヘビー級王者・清水賢吾は10カ月ぶりの出場

2018/02/05(月)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

RISE初参戦が発表された瀧谷。新設される予定の-53kg王座へ狙いを定める

 2月4日(日)東京・後楽園ホールで開催された『RISE 122』で、3月24日(土)東京・後楽園ホールで開催される次回大会『RISE 123』の出場決定選手が発表された。

 元Krush-55kg王者・瀧谷渉太(KSS健生館)の初参戦が決定。RISEのリングに上がった瀧谷は、「オッス! おら、瀧谷渉太。リアル孫悟空です。ドラゴンボールが大好きで、孫悟空のように強くなりたくて試合をし、修行しています。名前を覚えて帰ってください。3月24日、RISEに初参戦します。-53kg級が新設されました。僕がチャンピオンになります。しっかりインパクトある試合をします」とあいさつした。

 -53kg級は今大会で2試合行われ、5戦5勝の金子梓(新宿レフティ―ジム)、昨年のRIZIN福岡大会で石井一成を破った政所仁(まんどころ・じん/魁塾)が活躍。王座新設も予定されており、今後活性化が期待される階級だ。

 そして、RISEスーパーフェザー級1位・野辺広大(RISE ON/INSPIRIT)、同フェザー級1位・森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラAKK)、同ヘビー級王者・清水賢吾(極真会館)、同フェザー級2位・工藤政英(新宿レフティージム)の出場も発表された。

RISEには約10カ月ぶりの出場となるヘビー級王者・清水

 昨年11月大会でチャンヒョン・リーに敗れ、RISEスーパーフェザー級王座を失った野辺は「自分は昨年ベルトを獲られて失うものは何もありません。3月の復帰戦が決まったので、進化した姿を見せられるように頑張ります」と再起を誓う。

 森本は「3月は俺のKOでもっと盛り上げる」と宣言。清水も「ヘビー級らしく、私が一番派手なKOを見せようと思います。日本人のヘビー級最強は私だと思っておりますので、それを証明します」と森本に負けじとKO宣言した。

 昨年、森本と共にRISEを盛り上げた立役者の工藤は「次の3月は、いまいち世の中に広まっていないグミ好きとウサギ好きを広めるために頑張ります」と、自分のキャラクターを世に広めたいと意気込んだ。

KNOCK OUTで最強の敵を迎える那須川

 また、2月12日(月・祝)東京・大田区総合体育館にて開催の『KNOCK OUT FIRST IMPACT』に出場が決定しているRISEバンタム級王者・那須川天心(TARGET)と同スーパーライト級王者・不可思(クロスポイント吉祥寺)もリングに上がった。

 不可思は「KNOCK OUTのスーパーライト級トーナメントに参戦します。KNOCK OUTのベルトも獲ってRISEを盛り上げに帰って来ます」とアピール。那須川は「過去最強の相手を必ず倒して、日本代表として僕の技が通用することを証明してきます」と、“那須川ピンチ”が叫ばれている今回の相手、プロムエタイ協会スーパーバンタム級王者スアキム・シットソートーテーウ(タイ)をKOするとRISEファンに約束した。

●編集部オススメ

・【ホーストカップ】瀧谷渉太、復帰第二戦で元新日本王者・麗也を撃破

・【SB】ヘビー級異種格闘技戦は極真・清水が三浦を豪快KO

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース